大塚高史建築設計事務所が手掛けた名次町の家 | homify
大塚高史建築設計事務所

大塚高史建築設計事務所

大塚高史建築設計事務所
大塚高史建築設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

名次町の家

自宅の計画です。いわゆる子育て期にあたる親子5人のための住宅で、家族同士の関係をいかに空間構成に表現するかを大きなテーマにしています。ここでは家族の生活の中心となる「ホール」と、これに対する各個人の専用スペースである「ボックス」との関係により、さまざまな形のコミュニケーションを生み出すことを目指しています。

敷地東側は駐車場を介して交通量の多い県道に面しており、採光・通風を確保しながら県道の喧騒をブロックすることが課題となりました。このため、「ホール」の東側には一切窓を設けず、南側の大きな窓と西側の高窓によって採光を確保しています。  「ホール」は南北の窓と高窓との煙突効果による通風を促す形としています。また各「ボックス」は、外壁沿いに流れる風を捕まえて効率的な通風を確保するため、南北方向にそれぞれ窓を取っています。  不快な風がなく、均一で優しい熱環境を実現するため、建物全体を外断熱とした上で、冷温水をパネルに循環させて冷暖房を行う「輻射冷暖房システム」を採用しました。

  • 名次町の家: 大塚高史建築設計事務所が手掛けた家です。

    名次町の家

    外壁を黒く塗ることで、外見はスタイリッシュに、中に入ると一転して白く開放的な空間が広がります。

    家族の中心となる「ホール」に、子どもたちの専用スペースである「ボックス」が3つ付いている形となっています。ボックスをつなぐ形で階段を配置し、ホールに対して様々な高さでボックスが接する、変化のある空間を作っています。子ども一人一人が幼い頃から独立した空間を持つことによって自立心を養える、しかし、断絶した「部屋」にしないことで、家族とのつながりが感じられるようにしました。

  • 名次町の家: 大塚高史建築設計事務所が手掛けたリビングです。

    名次町の家

    全体的に白さを際立たせることで、実際以上の広さが感じられるようにしています。「ホール」はほぼ2階分の高さの吹き抜け空間で、個人のスペースである「ボックス」が全て面しており、自然と家族全員が集まってくる開放的な空間となっています。東側に窓を一切設けてはいませんが南側の大きな窓と吹抜けによって明るさを確保しています。また、窓を設けないことで大容量の収納が実現しました。

  • 名次町の家: 大塚高史建築設計事務所が手掛けた壁です。

    名次町の家

    ルーバー状の「輻射冷暖房システム」を壁の一部に設置することで、子どもの専用スペースを、リビングルームから遮断することなく、常にお互いの気配が感じられるようになっています。

  • 名次町の家: 大塚高史建築設計事務所が手掛けたキッチンです。

    名次町の家

    大きな吹抜け空間に合うアイランドキッチンをオーダーキッチンで製作しました。キッチンとテーブルを同素材にすることで統一感を持たせています。キッチンを一番北側に設けたため、レンジフードに仕込んだ照明により、周囲の白い壁からの反射光で十分に手元の明るさを確保できるようにしました。配膳のための動線も確保しつつ、振り返れば子どものコーナーにも目が向けられるよう開口部を設けています。

Admin-Area