H2O設計室 ( H2O Architectural design office )

H2O設計室 ( H2O Architectural design office )

H2O設計室 ( H2O Architectural design office )
H2O設計室 ( H2O Architectural design office )
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

ハイブリッド・ハウス

都心から約50㎞、埼玉県北西部を流れる一級河川の都幾川(ときがわ)の渓流沿い、北岸に接した約220坪の敷地(原野、田畑を含む)に建つハイブリッド構造(鉄+木+ガラス)の家です。

  • ハイブリッド・ハウス: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた家です。

    ハイブリッド・ハウス

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 7
    ["JP"] [Published] ガラス張りが目を引く美しいファサード5選!
    ["JP"] 外観
    ["JP"] 蛍の舞う清流を臨む「ハイブリッドハウス」
    ["JP"] [Published] バウハウスの特徴である近代的な素材を使った住宅10選
    ["JP"] [Published] ガラス張りの家づくりを考える
    ["JP"] [Published] 知っておきたい!ガラスファサードのメリット
    ["JP"] [Published] お洒落なガラス使いのアイデア15選

    この家をガラス張りの見えすぎの家として捉えるか、日本の縁側が回った民家の延長としての近代和風と見るか・・・ 。昼と夜、季節によって違いを見せる大景観を眺める事 ができる終の棲家。嵌め殺しの窓により川面を渡る風を取り入れる開閉装置付のスリット開口が周囲に設置されている。

  • アプローチ: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた家です。

    アプローチ

    都機川に沿ってはしる県道から、河原へと下りてゆく枝の路。この家と最初に出会うアプローチとなります。

  • 玄関前アプローチ: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた家です。

    玄関前アプローチ

    通りから河原へと下り、一階の駐車スペースから階段を上り、高床式住居の玄関へと進む。

  • 玄関: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた廊下 & 玄関です。

    玄関

    段差を敢えて設けず、仕上げの違いでスペースを意識させた。

  • 回廊(プライバシーを守る北廊下): H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた廊下 & 玄関です。

    回廊(プライバシーを守る北廊下)

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] 蛍の舞う清流を臨む「ハイブリッドハウス」

    玄関を入ると、県道側の北廊下はプライベートな導線。外壁側は収納棚や、簡易ベッドなど小さな住宅機能が収められ、内に並ぶ各部屋へ入り口が並ぶ。画面の中央、先に見えているのはダイニングコーナーの長いテーブル。

  • ダイニング 一番の明りは変わらない位置から。: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたリビングです。

    ダイニング 一番の明りは変わらない位置から。

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] 蛍の舞う清流を臨む「ハイブリッドハウス」

    日中は屋根の頂部のトップライトから、夜間も変わらず部屋の中央に全般照明が通っている。照明の裏は設備面でも重要なスペースとして利用されている。

  • 家具と調和する現代建築: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたリビングです。

    家具と調和する現代建築

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] 蛍の舞う清流を臨む「ハイブリッドハウス」
    ["JP"] [Published] ダイニングセットの上手な選び方(素材編)

    北廊下から見えていたダイニングテーブルは4m長のパーティー可能なサイズ。北西端よりリビングスペースを通して南東方向の景色(河川敷周囲)を眺める。蛍の舞う清らかな景色が眺められる。

  • リビング 一番の明りは変わらない位置から。: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたリビングです。

    リビング 一番の明りは変わらない位置から。

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] 蛍の舞う清流を臨む「ハイブリッドハウス」
    ["RU"] [Published] Как сочетаются большие окна и многофункциональные пространства

    ダイニングを回り込み、リビングスペースとなっている南東の端から玄関を振り返る。画面左にガラス張の南廊下、キッチンブース&カウンター(正面)となっている。日中は屋根の頂部のトップライトから、夜間も変わらず部屋の中央に全般照明が通っている。照明の裏は設備面でも重要なスペースとして利用されている。

  • ハイブリッド・ハウス: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた廊下 & 玄関です。

    ハイブリッド・ハウス

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] 蛍の舞う清流を臨む「ハイブリッドハウス」

    リビングから南面の廊下を西方向に進む。北廊下はプライバシーを守るように閉鎖的だったのに対し、他の東南西の三方面の廊下は眺望を見渡すガラス張り回廊。三面の回廊は全てカーテンが回り民家で言えば雨戸と縁側の関係に同じ。

    床面の通気蓋は開いている状態。右壁はキッチンブースへの入り口。北廊下と同様に南廊下にも各室の入口がある。

  • ​キッチンブース: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたキッチンです。

    ​キッチンブース

    キッチンブース内からSUS製流し台を通してリビングスペース方向を見る。厨房スペースと同じ広さの食品ストック用パントリーがある。

Admin-Area