H2O設計室 ( H2O Architectural design office )

H2O設計室 ( H2O Architectural design office )

H2O設計室 ( H2O Architectural design office )
H2O設計室 ( H2O Architectural design office )
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

植物園と向き合う家

東京23区のまん中、丸の内線茗荷谷駅近く、60㎡の敷地で住宅が建て込み、三方隣家に囲まれていて北側に道路があります。しかしさほど広くないその道路を挟んで小石川植物園と向き合っているので、緑の恩恵に浴することができます。南側には高さ約10mの住宅が迫っており、その上からいかに太陽光を取り込むかが課題でした。これに対しては、南面に大きなハイサイドライトを設け、ロフト階と2階に光が降り注ぎます。また、北側壁面には植物園の緑を満喫できるよう大開口部を設け強度補強のためにスチールのブレースを入れました。かなりのローコストを要求されていましたので、基本的に壁面素材は構造用合板とし外断熱材としてスタイロフォームを使うという計画でした。しかし、もともとエコロジカルな発想の建て主さんの要望で断熱材をプラスチック系ではないものにできないか、というリクエストが出てきました。そこで、断熱材はコストアップではありますが、エコな材料であるセルロースファイバーの内断熱としました。そして暖房は1階床下と2階バルコニー側に、電気ヒートポンプの温水パネルを設置しました。また、間口4.5mの中に、最大限大きな空間のリビングダイニングを作るため、両側の外壁面のみに柱を立てる構造としました。内装壁材を構造用合板の真壁とすることで構造の柱がリズミカルに顔を出すインテリアが生まれました。

  • 植物園と向き合う家: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けた家です。

    植物園と向き合う家

    北面、小石川植物園側外観。外壁は断熱材一体化ガルバリウム鋼板波板。 

  • 植物園と向き合う家: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたキッチンです。

    植物園と向き合う家

    南からの採光は住宅密集地の為に高窓に頼る形式とし、吹抜けから各階へ光を落とす空間構成。

  • 植物園と向き合う家: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたダイニングです。

    植物園と向き合う家

    木造打放しという言葉はありませんが、木質系でも小屋より風ではなくコンクリート打ち放しのようなかっきりとした空間。

Admin-Area