株式会社ヨシダデザインワークショップ

株式会社ヨシダデザインワークショップ

株式会社ヨシダデザインワークショップ
株式会社ヨシダデザインワークショップ
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

わかたけの杜 クリニック棟(診療所 訪問看護・介護事業所 サービス付き高齢者向け住宅)

サービス付き高齢者向け住宅(ワンルーム20㎡4戸、1DK40㎡4戸)、24時間対応在宅療養支援診療所、24時間訪問介護・看護事業所を併設した複合建築物です。

◯窓際キッチン(20㎡タイプ):この種のワンルームタイプではこれまで入り口側にトイレとキッチンを集約する事が一般的ですが、ここではキッチンを生活の中心として窓際の一番良い場所に設けました。これにより玄関の閉塞感が無くなり、開放的な居室空間を実現しています。 ◯光庭のある家:共用廊下に面して住戸専用の光庭を設けています。これにより方位や時間、季節による住宅ごとの日照の差が解消され、光庭がリビングの一部となり、居ながらにして自然を感じることができます。 ◯緑に視線を抜く:中央に森に視線が抜けたガラス張りの玄関(階段ホール)を設け、施設のそこかしこにある開口部から森が望めます。また、吹き抜けのある共用のリビング(キッチン)の大開口は森の緑に抱かれたリゾートラウンジのような憩いの空間となっています。 ◯森の診療所:クリニックの設計で重視した点は敷地の持つ自然環境資源(西側の保存樹林) を内部に取り込むことでした。積極的に患者 に自然「森」を見せることによる心理的な効果「緑が望める病室では患者の治りが早い」(Ulrichの調査)をテーマとし、住宅街でありながら森に抱かれた静かな待合室を実現しています。  この施設は国土交通省平成24年度高齢者・障碍者・子育て世帯居住安定化推進事業による国庫補助に関東で唯一選定されました。

  • 外観: 株式会社ヨシダデザインワークショップが手掛けた家です。

    外観

    内部の機能がそのまま外壁のデザインとして現れています。大きな建物を分節してズラし、仕上げを変えることで圧迫感をなくし、小さな建物の集合のように見せています。ALC版を塗装しただけのローコストな仕上げですが、プロポーションの制御と慎重な開口部の計画によってモダンな外観を実現しています。

    撮影:北嶋俊治

  • ワンルーム20㎡タイプ: 株式会社ヨシダデザインワークショップが手掛けた寝室です。

    ワンルーム20㎡タイプ

    ワンルーム20㎡タイプの住戸です。お茶や食事が生活の中心と考えあえてキッチンが窓際に配置しました。これは大変好評で、これまでキッチンがあった玄関周りがスッキリして、部屋を広くすることができました。トイレは玄関脇にあります。

    撮影:北嶋俊治

  • 1DK40㎡タイプ: 株式会社ヨシダデザインワークショップが手掛けた寝室です。

    1DK40㎡タイプ

    1DK40㎡タイプの住戸です。専用の「光庭」が内廊下側の玄関脇にあります。リビングと一体化して見え、実際の広さより広く感じます。部屋の方位や季節、時間帯に関係なく太陽の光が差し込みます。共用廊下は明るくなり、施設に陰湿な場所はありません。部屋の左右に風が抜け、自然の恩恵を受けた暮らしが可能です。

    撮影:北嶋俊治

  • 階段: 株式会社ヨシダデザインワークショップが手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段

    玄関(階段室)です。玄関を入るとまずシンプルな薄くしい階段と背後の森が目に飛び込んできます。こうした敷地の自然を生かした設計は戸建住宅や集合住宅でも可能です。

    撮影:北嶋俊治

  • 診療所待合室: 株式会社ヨシダデザインワークショップが手掛けた和室です。

    診療所待合室

    診療所待合室です。住宅街にありながら森の静寂に包まれています。思わず読書や居眠りがしたくなる空間です。病院や診療所にこそこういった環境が必要です。

    撮影:北嶋俊治

Admin-Area