atelier mが手掛けた中庭のある無垢な珪藻土の家 | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
atelier m
atelier m

atelier m

atelier m
atelier m
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

中庭のある無垢な珪藻土の家

中庭のある無垢な珪藻土の家

– 不自然でない –

 大阪の静かな住宅街。敷地は角地で、特徴のある形をしている。

 2015年の夏から、候補になった敷地はいくつかあったが、エリア、環境、価格と、全ての条件を満たすのは簡単ではない。

 ようやく見つかったこの敷地は約110㎡。この位の広さがあれば、駐車スペースと中庭が確保できる。  

 南の中庭から光と風をとりこみ、西面にはエントランス、2階はクローゼットとし西日対策で閉じた。

 敷地径所に沿って、最大限のボリュームを確保しに行く過程で、特徴ある外観となった。

 各個室は2階とし、中庭を囲むようにLDK、浴室、和室を配置している。

 キッチンと繋がるこの2畳ほどの小さな和室は実に多機能である。 洗濯物を畳む、子供の昼寝、雨の日は物干しにもなる。ここで畳んだ衣類を壁面に収納すると、反対側の洗面、脱衣からとれるようにもなっている。

 キッチン後ろにある家事スペースも含めて、仕事、家事、子育てに奮闘する奥さんと練りに練った配置となっている。

 内部壁はほぼ珪藻土。床はヒノキの無垢材となっている。計画の当初より、ご主人から「不自然でない」というテーマを貰っていた。 「例えばカロリーゼロって不自然じゃないですか」と。言われてみればその通りだ。 美味しい。だけど実質食べていないことになっている。これが本当なら、ある意味ホラーともファンタジーとも言える。

 しかし、家は幻想ではなく実物である。自然で、素直で、無垢な中庭のある家。

 共働きで子供さんは就学前。

 人生の中で最も忙しい時期に、クライアントと一緒に直球ど真ん中で勝負したつもりだ。

 それらに応えられたかどうかは、5年後、10年後を待たねばならない。しかし、1年点検の際は、「とっても快適」と言って頂いたのだ。

ロケーション
大阪府
  • 外観: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    外観

    建物の形状は、敷地から検討して行きました。

  • リビングダイニング: atelier mが手掛けたリビングです。,北欧

    リビングダイニング

     内部の壁は全て珪藻土塗りです。

     自然素材なので当然といえば当然ですが、やはり空間が優しいのです。

     床材も、天然の檜を選んでいますが、これはご主人のこだわりです。

  • 中庭のある無垢な珪藻土の家: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    中庭のある無垢な珪藻土の家

  • 中庭のある無垢な珪藻土の家: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    中庭のある無垢な珪藻土の家

  • 中庭のある無垢な珪藻土の家: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    中庭のある無垢な珪藻土の家

  • 外観: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    外観

  • 外観 夜景: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    外観 夜景

    夜景は、その建物のシンボリックに見せてくれます。

  • 玄関ドア横の傘たて: atelier mが手掛けた木造住宅です。,北欧

    玄関ドア横の傘たて

    外壁は、自然な風合いの塗り壁を選択。

  • 中庭のある無垢な珪藻土の家: atelier mが手掛けた廊下 & 玄関です。,北欧

    中庭のある無垢な珪藻土の家

    玄関の右手のくびれ、この部分が真っすぐだと建ぺい率がオーバーします。

    このくびれの部分に、納戸やトイレの開口部を切り、その形状を強調しています。  ピンチはいつもチャンスです。

  • 階段とトイレ: atelier mが手掛けた階段です。,北欧

    階段とトイレ

    エントランスからも檜の階段が続きます。

    自然素材の中で暮らしたいという強い思いが、無垢の床、珪藻土の壁を実現するに至りました。

    建物に入った時、いわゆる新築の家の匂いはしません。土の匂いというか、非常に優しいのです。

Admin-Area