齋藤和哉建築設計事務所

齋藤和哉建築設計事務所

齋藤和哉建築設計事務所
齋藤和哉建築設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

東九番丁のハウス

400年を超える歴史を持つ寺院が数多く建ち並ぶ、大らかな広がりを感じさせる地域に建つ2世帯住宅である。
 

クライアントからは親世帯のために車椅子で生活できること、そして天井の高い空間が求められた。

住宅を敷地の西側に寄せ、隣地とのあいだに私道がある東側に大きな庭を取り、住宅と庭を等価に扱うことを考えた。

居室は庭と隣り合うよう東側にまとめ、採光と通風を確保し、居室と庭とがそれぞれに関係性を持つようにした。

それらを横断するように前面道路から段差なく続く通路が住宅全体を貫いている。

大きな吹き抜け空間は、居室と庭そして上下階をつなぐ、この住宅の中心的役割を担い、薪ストーブと床暖房によって快適な室内環境をつくり出す装置にもなっている。

居室ごとにさまざまな素材を使いながらも、全体と部分を調和させるよう適材適所なディテールを検討した。

It is the duplex house built in the area letting you feel the tolerant expanse with a lot of temples which has a history of more than 400 years.

The client requested to enable to live by a wheelchair for their parent and the high ceiling space.

We put a house to the west of the site, placed a big garden on the east side with the private road between neighbor’s site, and treated a house and a garden equally.

We gathered up the rooms on the east side to be next to a garden and secured lighting and the ventilation, and the rooms and a garden had a relationship in each.

The passage that spreads out without a step from front road to cross the rooms runs through the whole house.

The big open to below space takes on the central role of this house to connect the rooms and a garden, and the top and bottom floor.

It is also as a device creating comfortable indoor environments by a wood stove and a floor heating.

We examined the detail to be the right stuff in the right place while using various materials for every room to harmonize a part with the whole.

竣工:2014.10
用途:個人住宅

計画地:宮城県仙台市若林区

敷地面積:221.36㎡

建築面積:63.93㎡

延床面積:105.05㎡

構造:木造

規模:地上2階建て

構造設計:中畠敦広構造設計事務所

Admin-Area