Yama Design

TH-HOUSE

由布岳を背景に、熊本・大分地震で被災した住宅の建替えによるバリアフリー住宅です。コストを抑えつつ車椅子対応と見守る距離感が課題でした。各室からは由布岳を望み、お互い見守る気配を感じる一方でプライバシーを確保するため、視線は遮りつつ空間を繋げ全ての部屋を回遊できる動線としています。また、リビングの大きな開口部に腰かけ、近所の人々との談笑や野菜やおかずのやり取りなど、ベンチと外部土間が縁側のように存在しています。
規模
5.62 m / 67.9 ㎡ (高さ / 面積)
  • TH-HOUSE

  • TH-HOUSE

  • TH-HOUSE

  • TH-HOUSE

  • TH-HOUSE

Admin-Area