かんばら設計室が手掛けたCASA Mi家 | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
かんばら設計室
かんばら設計室

かんばら設計室

かんばら設計室
かんばら設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

CASA Mi家

周辺にはマンションやビルが建ち並ぶ、市街地の変形敷地に建つ邸宅です。通りから見える外観は、水平に伸びるカーポート屋根、大谷石の壁が特徴的で、植栽の緑を伴って街の景観に寄与できるよう考えました。奥に行くに従ってレベルがわずかに上がる敷地を活かし、アプローチからエントランスホール、そして住まいの内部へとレベルを上げながら導くように計画しました。庭を囲うように各部屋を配し、街なかにありながら、どの部屋からも植栽の緑を目にすることができ、街の喧噪を離れ寛ぐことができます。吹抜け上部の内障子は強過ぎない柔らかな光をリビング内にもたらすと共に、南に大きく建ちはだかる建物の目隠しの役割も果たしています。寝室や子供室等のプライベート部分はコンパクトにして、吹抜けリビングの大空間は家族同士が繋がる場であり、家族や来客が集える場となりました。吹抜けの和紙の照明や木製ドアハンドルは地元宇都宮の作家の作品を採用しています。外装だけでなく内装にも大谷石を用いて内外の繋がりを演出し、落着きのある空間となるようにしました。壁面の大谷石のほか、土間床に玄昌石、浴室に十和田石を採用しそれぞれの石の特徴を活かしています。

規模
228.63 ㎡ (面積)
ロケーション
宇都宮市

Admin-Area