鈴木賢建築設計事務所/SATOSHI SUZUKI ARCHITECT OFFICE

04225 -7-6615

Simple Box House-擁壁一体型のコンクリート打放3層箱型住宅-

傾斜地の角地に建つ家族を護り育てるシンプルな箱型住宅。

プライバシーとセキュリティに配慮して開口部は最小限に抑えているが、1階リビングのトップライトから効果的な光を導入している。

計画にあたってはコスト配分に留意してバランスの取れたメリハリのある空間を目指した。

1階リビングはコンクリート打放しの壁を実現するため一部外断熱を用いている。

(撮影:株式会社 エスエス企画)

  • 北西面外観

    外壁と擁壁の型枠の割付ピッチを変えて建築/土木のスケールを対比

  • 南面外観

    門扉はスチールパイプとフラットバーでデザインした

  • 玄関アプローチ

    ヒメアケボノモウソウチクを配したアプローチ空間

  • シューズクローゼットの扉を鏡貼りとした開放的な玄関

  • リビングの壁にトップライトからの光が差し込む

  • トップライト越しに青空と緑を望む

  • 既製品を組み合わせたローコストキッチン

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 「コンパクトなキッチン」を作る、あるいは「広く見せる」か
  • 造り付け家具で空間を統一した洗面脱衣室

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 新しい可能性をもつシャワースクリーン
  • 造り付け書架の廊下兼書庫

Admin-Area