JMA(Jiro Matsuura Architecture office)

JMA(Jiro Matsuura Architecture office)

JMA(Jiro Matsuura Architecture office)
JMA(Jiro Matsuura Architecture office)
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

HIROBA

「家の中心に広場をつくる」

敷地は、瀬戸内海近くの旧塩田住区の一画にある。狭い道路際に住宅が建て込んで いる密集地であり、隣家も近い。地形は北側の海へ向かって緩やかに下っている。 共働きのクライアントの要望は、家族が集まる広いリビング中心の生活を希望され ていた。

文字通り、家の真ん中にリビング(広場)を設け、その周囲にぐるりと部屋を配置 するシンプルな平面構成としている。真ん中に大空間をつくるシンプルな平面構成 は囲われている安心感と同時に構造的にも安定した強度を確保している。

広場には、採光、通風、視線、空間の繋がりを考慮しながら慎重に開口部を設けて いる。光や風は外皮と広場の二重の孔により調整され、直接、間接的に広場へ運ば れる。  また広場床レベルを800㎜上げることで1階と広場、広場と2階の距離は変化し、 上下階の感覚はあいまいになり、行き止まりのない動線を合わせることで木造在来 工法独特のスケール感覚をも消失させ、ワンルームのような感覚を生む。 その結果、空間の広がりや豊かさ、居心地の良い感覚をこの住宅は獲得している。

それは「森の中で見つけた広場」のような空間の質を創り出している。

Admin-Area