小さく建てて大らかに暮らす家

高台のロケーションを活かして、桜の木や抜けるような空といった借景を存分に享受しながら、光や風などの自然エネルギーを活用。心豊かに住まえる2階リビングのすまい。

  • 大きな桜の木を仰ぎ見る暮らし

    裏手に桜の木がそびえるロケーションに建つすまい。ガーデニングが趣味の奥さんのために庭が広めにとられている。草木への水撒きは雨水タンクに溜めた雨水を利用するなど、自然を活かした暮らしを実践

  • 北欧家具が似合う無垢と漆喰の空間

    吹き抜ける風が心地よい階段下。木部の豊富な2階と差別化するために、1階は漆喰をメインとしたすっきりとしたコーディネートに

  • プライベートな空間を1階に

    カゴ細工などのコレクションを飾る棚を設けた1階通路。右手には寝室とウォークインクローゼットを配置。将来的にはそのスペースを子供部屋にすることもかんがえているそう。

  • ワンルームの伸びやかな2階空間

    天高は最大4メートルほどで解放感いっぱい。北側の高さを活かし、大きなスキップフロアを確保している。窓から見えるのが桜の木だ。

  • 室内の高低差を楽しむ

    スキップフロアからリビングスペースを望む。「炎を眺めながら暮らしたい」というご主人の憧れを叶えるペレットストーブは、インテリアとしても秀逸。

  • 木漏れ日の中のキッチン

    収納力豊富な造作キッチン。以前の住まいのレイアウトを可能な限り再現しており、「使い勝手は抜群」と奥さん。カウンターは内側に手持ちの食器棚が収まるようサイズ設計されている

  • 大好きなものだけに囲まれる暮らし

    木の香りが漂うリビング空間。スキップフロアの上段がお子さんの、下段が奥さんのスペースとなっており、オープンでありながら個々のスペースとしても確立されている。

Admin-Area