暮らしを遊ぶラフリノベーション

築30年の既存住宅を、遊び心溢れるラフでカッコいい空間に。新築・改修問わず、当社の設計コンセプトである“広がり間取り”“光と風の計画”“自然素材”をベースに、大人も子供も大らかに毎日をワクワク過ごすためのプラン。無垢の木肌と塗り壁のやさしい風合いの中に、黒のアクセントが空間を引き締めている。

  • 築30年の既存住宅を、遊び心溢れるラフでカッコいい空間に

    新築・改修問わず、当社の設計コンセプトである“広がり間取り”“光と風の計画”“自然素材”をベースに、大人も子供も大らかに毎日をワクワク過ごすためのプラン。無垢の木肌と塗り壁のやさしい風合いの中に、黒のアクセントが空間を引き締めている。

  • 空間を縦につなぐ南の吹抜け

    南面に多く開口部を設け、上部が吹き抜けに。間取りの広がりは、2次元から3次元へと繋がっていく。(撮影者の上部が吹き抜けとなっている)

  • 変化のある天井が遊び心を演出

    すっきりとした左官仕上げのリビング天井に対し、既存の梁を現しにし、ラフさと解放感を演出したキッチン上部。黒く塗られた階段の蹴込みも2階空間へのワクワク感をもたらす工夫

  • リビング繋がりの畳の空間

    真壁をデザインに活かしたレトロムードの畳の間。襖で個室にもなるが、普段はリビングのワンコーナーとして使用。

  • オシャレで機能的なオリジナル造作キッチン

    キッチンはオリジナルの造作もの。一番働く場所だからシンプルな使い勝手も重視する。

  • 耐力壁もスケルトンに

    既存住宅においては構造上抜けない壁が存在する。この空間では壁ではなく、ステンレスブレスを用いることで、解放感をつくりだすとともに、柔らかくスペースを隔てる機能を持たせた。

  • 吹き抜け上部のスキップフロア

    新たに設けた吹き抜けは、2階の開口部から光と風を招き入れる役割を持つ。その上部のスキップフロアは、その機能を果たしたうえで、変化に富む床面積を生み出す工夫の一つ。

  • 小屋組みを現しにする勾配天井

    既存の天井を解体し、小屋組みを現しにすることで、2階とは思えないほどの解放感と、構造がデザインとなる遊び心を演出。ハンモックでゆらゆらと過ごしたい。

  • いつでも家族を感じながら

    細かく仕切られていた従来の間取りからは想像もつかなかった暮らしぶりに。それぞれは個室にこもるのではなく、どこにいても家族を感じられる間取りのすることで、幸せへと導いていく。

  • 玄関には風除室機能を設ける

    玄関ドアを開け室内までの間には、必ず風除室を設ける。これは、大らかで開放的な暮らしと、冬の暖かさを両立させるための工夫の一つ。

Admin-Area