青木昌則建築研究所

青木昌則建築研究所

青木昌則建築研究所
青木昌則建築研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

FLAT4~平屋のコートハウス

中庭(コート)を中心に位置するロの字型平面の平屋の家です。プライバシーと開放感を両立させるための中庭プランであり、中庭への自然光を確保するため高さを抑えた平屋としています。

前面道路とは高低差があるため、平屋といえども玄関へは階段を上るアプローチとなっています。またコンクリート打放しの高基礎は高低差を処理する土留めの役割も兼ねています。

種別/新築

用途/住宅

規模/延べ床面積114.28㎡(34.6坪)

構造/木造

所在地/愛知県名古屋市

竣工日/2011年10月

  • 高基礎と左官仕上げの外壁の外観: 青木昌則建築研究所が手掛けた家です。

    高基礎と左官仕上げの外壁の外観

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] プライバシーと開放感の両立させる中庭

    道路との高低差を処理する土留めを兼ねたコンクリート打放し仕上げの高基礎の上に左官仕上げの木造部分が載る構造。

  • アプローチのコンクリート片持ち階段: 青木昌則建築研究所が手掛けた家です。

    アプローチのコンクリート片持ち階段

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] プライバシーと開放感の両立させる中庭

    1段1段が独立した片持ちのコンクリート打放し仕上げのアプローチ階段。スチール製の手摺は溶融亜鉛メッキ仕上げ。シンボルツリーはモミジ。

  • リビング: 青木昌則建築研究所が手掛けたリビングです。

    リビング

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 4
    ["TR"] [Published] Şık ve modern oturma grubu modelleri
    ["JP"] [Published] 絡み合う生活動線:今こそ平屋
    ["JP"] [Published] プライバシーと開放感の両立させる中庭
    ["JP"] [Published] コートハウスで都会の暮らしも快適に!その特徴とメリット

    中庭に向かって開くリビング。天井は梁が連続して並ぶ。

  • ダイニング: 青木昌則建築研究所が手掛けたリビングです。

    ダイニング

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] プライバシーと開放感の両立させる中庭

    ダイニングからリビング方向を見る。

  • 中庭: 青木昌則建築研究所が手掛けた庭です。

    中庭

    家の真ん中に位置する中庭。周囲はウリン材のウッドデッキがぐるりと囲む。黒い外壁は杉板。

  • 書斎: 青木昌則建築研究所が手掛けた書斎です。

    書斎

    造り付けの机と本棚を備える書斎。

  • 浴室: 青木昌則建築研究所が手掛けた浴室です。

    浴室

    モザイクタイル貼りのバスルーム。天井はヒバ材の板張り仕上。ドアもヒバ材で製作。

  • 洗面: 青木昌則建築研究所が手掛けた浴室です。

    洗面

    木製カウンターの上にベッセル式の洗面器を置いた洗面。

  • リビング夕景: 青木昌則建築研究所が手掛けたリビングです。

    リビング夕景

    中庭の奥は個室(子供室)。

  • 中庭夕景: 青木昌則建築研究所が手掛けた庭です。

    中庭夕景

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] プライバシーと開放感の両立させる中庭

    中庭の周囲をぐるりと各室が取り囲んでいるのがよくわかります。

Admin-Area