井戸健治建築研究所 / Ido, Kenji Architectural Studio

井戸健治建築研究所 / Ido, Kenji Architectural Studio

井戸健治建築研究所 / Ido, Kenji Architectural Studio
井戸健治建築研究所 / Ido, Kenji Architectural Studio
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

House F

〈日本語〉

この住宅は夫婦のために設計された市街地の狭小地に建つ木造住宅です。

敷地周辺は、小住宅や、町工場や、小さな事務所ビルが調和なく共存している地域です。

敷地の南側は3階建ての工場があり、北側は前面道路があり開けていますが、建て主は南側に庭を要望し、必要な部屋を確保するため、3階建てにすることにしました。

木と塗装の壁による静かで柔らかな空間を目指しました。

明るい室内、開放性のある空間を確保したうえで、密度のある空間とめりはりをつけました。

風圧を受けている吹抜けの梁とキッチンのカウンターを同じ材で制作し、要素を統一して梁やカウンターの持つ「意味」を曖昧にしました。

時間の経過とともに光や陰影の移り変わりが感じられる「余白」を目指しました。

クレジット

設計 : 井戸健治 / 井戸健治建築研究所

撮影:太田拓実

〈English〉

The house is designed for a couple, and is a wooden house that is built at urban narrow site.

Around the site is the mixed-use area where small houses, small factories, and small office buildings coexist together without any harmony.

South side of the site is faced to 3 storied factory building, and north side is opened to the road.

However, the client requested a garden in the south side of the site, and decided to make a building three stories to secure required rooms.

It was aimed for quiet and soft space, and it is achieved by using wood and painted walls.

While bright openness space is secured, accent is on dense space.

Wind pressure receiving void beam and kitchen counter are made from the same material, thus making the meaning of united elements be obscured.

The blank as which a change of light and the shade is felt with progress of time was aimed at.

Credit

Architect : Kenji Ido / Ido, Kenji Architectural Studio

Photography : Takumi Ota

Admin-Area