小平惠一建築研究所

小平惠一建築研究所

小平惠一建築研究所
小平惠一建築研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

筑穂の家

この住まいは、まだ周囲に空地が目立つ新興住宅街にある。

家族構成は30代のご夫婦2人と子供1人の3人。

施主からは当初2世帯住宅を要求されていたが、設計途中で1世帯での計画となった。

この住まいは平屋建てとし、中央に中庭を設けている。道路面よりレイヤー状に和室、中庭、広間、個室を配置している。この和室は当初の要望であった2世帯住居の親世帯が住まわれる予定の部屋であったが、後に客間として再設定した。

道路を挟んで向の公園は運動公園であることから、公園からの視線を遮るような仕掛けを設けた。

道路に面する和室の開口部を横たわる直方体の端部を斜めにカットすることで、公園側からの視線をカットさせつつ、光と風を部屋へ導き入れるように設えている。

広間と個室との壁のラインは収納ゾーンにあて、両端部の一部の壁を斜めに倒し、その上部にトップライトを設けている。このトップライトの光は子供部屋と広間、夫婦寝室と台所の両方に降り注ぎ、時の移ろいをいたるところで味わえる。

個室と書斎との壁面についても完全に遮蔽するのではなく、床面から70㎝、天井面から70㎝をガラス面とし、視線が抜けるように設え、互いの気配が感じられるようにしている。

写真:齋藤さだむ

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けた家です。

    筑穂の家

    道路側より見る。

    直方体の両端部を斜めにスライスした開口から光と風を取込ませている。

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けた家です。

    筑穂の家

    開口詳細。

    客間前に小さなテラスを設けている。

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けた家です。

    筑穂の家

    東面よりテラス方向を見る。

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けたリビングです。

    筑穂の家

    広間より玄関方向を見る。

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けたキッチンです。

    筑穂の家

    広間より台所方向を見る。

    右側の傾斜壁上部はガラススクリーンとし、その屋根面にトップライトが設置されている。

    日中の光の移動を楽しめる設えとしている。

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けた廊下 & 玄関です。

    筑穂の家

    床と書斎コーナーの机を兼ねている。

  • 筑穂の家: 小平惠一建築研究所が手掛けた子供部屋です。

    筑穂の家

    収納下部をガラススクリーンとしている。

Admin-Area