悠らり建築事務所

悠らり建築事務所

悠らり建築事務所
悠らり建築事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

囲まれていてものびのび暮らせる家

建主は40代のご夫婦と男の子(小学生)、女の子(園児)のアウトドア大好きな4人家族。畳のリビング、本が多いのでたくさんの収納、外で気持ち良く食事ができるスペース、そして何より楽しく楽に暮らせる家を望まれました。それと、散らかしても良いところがあるとホッとする、右まわりのラセン階段(ご夫婦共に右回りのラセンにゆかりがあるため)というご主人のユニークな要望もありました。。。

建主さんとは土地探しの段階から一緒に家づくりを進めました。希望のエリアが坪単価の高い場所だったため、土地+建物の総予算を両方にバランス良く配分して本当の意味で丈夫で長持ちして心地よく暮らせる家をつくるために、西側道路で南、東、西が隣地に囲まれていて北側斜線の規制もある条件の厳しい土地を購入して土地代を抑える事に。そうする事で建物にも費用を回せて、見た目だけでなく躯体性能の良い長寿命で出来るだけエネルギーに頼らず快適に暮らせる家をつくる事ができます。日当たりの悪さや北側斜線による高さの制限は設計の工夫で解消。大きな天窓からさんさんと光を取り込み、規制で高さが低くなってしまう所に収納を設ける事で吊戸にも手が届きやすく使い勝手の良い大容量の収納を設けました。北側斜線なりに設計した勾配屋根と天井が魅力的な外観と内観を生み出したように思います。また、隣家が見えないような窓の配置と借景の緑を取り込んだ台形FIX窓と空を取り込んだデッキバルコニーの抜け感で、建物に囲まれている事を感じる事なくのびのびと暮らす事ができます。条件の厳しい土地のデメリットをメリットに変え、工夫いっぱいの楽しい家が完成しました。

共働きのご夫婦ができるだけ家事を楽にこなせるような家事動線と、多忙な暮らしの中で出来るだけモノが散らからないように管理できる収納計画にも力を入れました。(収納家具の一部にご主人が無造作にモノを置ける散らかしても良いスペースを設けてあります)5.4mもある長いカウンターはテレビ台、パソコンスペース、子供たちの勉強スペースと用途を兼ねています。

大きな天窓から入る光を1Fの子供室へやんわりと落とすために設けた吹き抜けは1Fと2Fをつないで、通風効果や互いの気配をなんとなく感じられる安心感をもたらしています。ハンガーパイプを取り付けてちょっとした洗濯物を干せる工夫も。。。

また、高台の立地条件を活かして晴れた日には遠くの御嶽山が見える眺望や、夜景や星空を楽しめるように屋根の上につくった物見台もこの家ならではです。そして物見台へ上がる階段をご夫婦の仕事にゆかりのあるラセン階段に。。。常に身近に感じて頂けるようにLDKからよく見える場所に配置しました。ご主人の趣味の生物観察のためのビオトープのある庭、外で食事を楽しめるデッキバルコニー、開放的な雰囲気が好きな奥さんの要望だったリビングとデッキバルコニーをつなぐ全開口の木製引き込み戸、子供たちの遊び場のロフト。。。と豊かな暮らしを楽しみながら、ご家族の想いが詰まったこの家を通していろんな思い出が刻まれていくような遊び心のある場所も設けました。

毎日忙しいご家族のホッとできる居場所になるといいなぁと思います。。。

種別・新築

用途・専用住宅

規模・敷地面積140.09㎡ 延床面積100.93㎡

構造・木造

所在地・愛知県名古屋市内

竣工日・2014.2.8.

悠らり建築事務所

安藤 亨英・安藤 節子

  • 外観1: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    外観1

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] homify 360°: 開放感のある楽しい家「囲まれていてものびのび暮らせる家」

    西側道路で南(右)と東(後方)に隣家があり、北側(左)も分譲地のため近い将来家が建つ予定。

  • 外観2: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    外観2

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] homify 360°: 開放感のある楽しい家「囲まれていてものびのび暮らせる家」

    高台の立地を活かして、眺望を楽しめるように屋根の上に物見台を設置。

  • LDK1: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    LDK1

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] homify 360°: 開放感のある楽しい家「囲まれていてものびのび暮らせる家」
    ["JP"] [Published] FIX窓で安全で大きな窓に!そのメリット・デメリット

    天窓からさんさんと光が入る気持ちの良いLDK。

    出来るだけ隣家が見えないような窓の配置と、借景の緑を取り込んだ台形FIX窓の効果で建物に囲まれている事を感じず、緑を感じながらのびのびと暮らせます。

    画面左の吊戸下の側面から出し入れするオープン収納(正面は目隠しのためのパネルを設置)がご主人のための散らかしても良い場所。こういった場所があるとカウンターの上にモノがごちゃっと置かれず、スッキリします。

  • LDK2: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    LDK2

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] homify 360°: 開放感のある楽しい家「囲まれていてものびのび暮らせる家」

    リビングからデッキバルコニーにつながることで、実面積以上の広がりを感じる伸びやかな空間に。

    北側斜線により天井高が低くなってしまう部分に、壁面収納を設ける事で吊戸にも手が届き、使い勝手の良い大容量の収納に。5.4mもあるカウンターはテレビ台、パソコンスペース、子供たちのお勉強スペースといろいろな用途があります。

    ロフトは子供たちの遊び場です。

  • デッキバルコニー: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    デッキバルコニー

    隣家の窓が視界に入らないような高さで設定した腰壁によって、周りを気にすることなくくつろげます。視線が空へと抜けて気持ちいい。。。休日には外で気持ち良く食事を楽しみます。

  • キッチン1: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    キッチン1

    リビングからよく見えるキッチンはスッキリとしたデザインに。。。バック収納の引き戸の中に炊飯器やホームベーカリー、ポットなどのキッチン家電を納める(使う時は引き戸を開けます)事で見た目スッキリ。

  • キッチン2: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    キッチン2

    バタフライカウンターは配膳台としてや大人数の来客があった時に便利。

  • ダイニング: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    ダイニング

    天窓からの光を1F子供室へやんわりと落とす吹き抜け。

  • 吹き抜け: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    吹き抜け

    吹き抜けには冷暖房の効率を考えて引き戸を設けました。

    引き戸を開けると1Fと2Fがつながり家全体の風通しが良く、お互いの気配を感じることもでき、安心感が得られます。ハンガーパイプを取り付けてちょっとした洗濯物を干せる工夫も。。。洗濯物がぶら下がっている様子が見えないので部屋がスッキリ。

  • 子供室: 悠らり建築事務所が手掛けた家です。

    子供室

    1F子供室から吹き抜けを見上げた様子。天窓からの光が柔らかく落ちてきます。

Admin-Area