class

class

class
class
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

酒井西の家

酒井西の家は、佐賀県鳥栖市の工業団地のすぐ側でありながら、点々とむかしながらの家が立ち並んでいる場所にある。

計画を進めるにあたって、工場や倉庫が近くまで迫ってきていることや、広い敷地であることを考慮すると、中庭のある平屋にすることは自然と決まっていった。しかしながら、同時に古き良きご近所付き合いが残っている地域でもあり、閉鎖的になりすぎないで、地域に対してどのように開いていくのかが課題となった。 

そのため、中庭を中心としながらも完全に閉じることをせず、プライバシーを保ちながら中の様子が垣間見れるくらいの切れ目をつくり、そこに舞台と名付けた洗い出しの土間空間をつくった。舞台は近隣との直接的な接触を遮断する結界であるのと同時に、ゆるやかに視線を通し、地域との丁度良い距離感と関わりをつくっている。

また、敷地内にはできるだけたくさんの木々や草花を植え、室内からの景色や近隣からの景観を一からつくっていった。そして、建物はその木々や草花をより感じられるように設計していった。 いつか建物の存在は消え、庭のおまけになった時、本当の完成だと思っている。家族は気兼ねなく中庭を眺めながら、工業団地の側にあるのも忘れ、静かな時の流れを楽しんでいるようだ。

竣工して4年という月日が流れた。

この4年の間に周辺環境はますます悪くなっている。北側には敷地向かって木造のアパートが建ち、東側には3階建てのマンションが建設された。幸いなことに、いつか周囲に何かが建つことが予測された中での設計であったため、生活にストレスを与えることなく建物は存在している。そして、庭の木々は少しずつ根をはり、緑が茂ってきた。建物も経年変化をしながら、ますます庭の自然や地域と関わりを強くして、ひっそりと存在してる。

Admin-Area