家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office

家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office

家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office
家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

ガラス作家のアトリエ

金沢市の郊外で活動するガラス作家の既存の住宅・工房に隣接して、新にアトリエ・倉庫を増築。1階は既存工房との出入りを考慮した配置とし、2階は書庫・書斎スペースとして利用する。ローコストであることと、既存建物との調和を求められた。

既存建物に向き合うかたちで計画された増築建物は、中庭を挟んで既存建物の開口部に合わせて2間幅(3.6m)の引込み建具を設け、両者が一体的に利用できるようにしている。構造は2間スパンが1間ピッチで繰り返す明快な空間とした。1階は作品展示のフラットで白い壁面のために在来工法の断熱材充填工法で、2階は多くの書庫を確保するために外断熱仕様とし、室内にあらわした間柱を利用した書棚を壁面全面に配置した。いずれも多くの壁面を求められたため、大開口の出入口以外は、必要最小限の通風窓とトップライトのみである。トップライトの光は、吹抜のガラス越しに2階書庫と、1階に充分な光を落とすと共に、天井高さを抑えた1階に広がり感を与えている。

所在地:石川県金沢市

用途:アトリエ・倉庫 

構造規模:木造2階建て 

外部仕上 

屋根:ガルバリウム鋼板立ハゼ葺 

外壁:米杉板 

開口部:アルミサッシ, 木製建具(ペアガラス) 

内部仕上 

床:ヒノキフローリング 

壁:構造用合板あらわし, 合板EP塗 

天井:構造用合板あらわし

設計:家山真建築研究室

  • ガラス作家のアトリエ: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    ガラス作家のアトリエ

  • 外観: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    外観

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] 屋根にガルバリウム鋼板を使用するメリットとは
    ["JP"] [Published] 既存建物と調和するガラス作家のアトリエ

    米杉板張りの外壁。既存の住宅・工房と同じ素材で仕上げ、建て主の要望で「木の素材が風雨にさらされて美しく古びることを楽しみたい」というコンセプトです。出入口を兼ねた2間幅の開口部が、中庭を介して既存住宅・工房棟に向かっています。

  • 出入口: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    出入口

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 既存建物と調和するガラス作家のアトリエ

    出入口は2間幅(3.6m)全開口になり中庭と一体的に利用することができます。

  • アトリエ内部から中庭方向を見る: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    アトリエ内部から中庭方向を見る

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 既存建物と調和するガラス作家のアトリエ

    アトリエから中庭越しに既存住宅・工房が見えます。両方の建物の出入口を同じ軸線上に配置してあるため中庭をウッドデッキで一体的に繋ぐことができます。(写真はウッドデッキを敷く前の状態です)

  • アトリエ: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    アトリエ

    1階のアトリエ上部吹抜のトップライトから光が差し込んでいます。

  • アトリエ吹抜: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    アトリエ吹抜

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 既存建物と調和するガラス作家のアトリエ

    トップライトからの光が吹抜越しに差し込みます。

  • アトリエ吹抜: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    アトリエ吹抜

    2階は吹抜の廻りを回廊のように取り囲み、吹抜の短辺側は白い壁、長辺側はガラス張りとなっています。

  • 2階書斎より吹抜のガラス越しに見る: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    2階書斎より吹抜のガラス越しに見る

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 既存建物と調和するガラス作家のアトリエ

    2階書庫から吹抜のガラス越しに1階アトリエと出入口・中庭が見えます。2階には通風用の小さな窓が2箇所しかありませんが、トップライトからの十分な光が入っています。

  • 2階書斎: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    2階書斎

    回廊の外壁側は間柱を利用した本棚。吹抜側はガラスで仕切られています。

  • 2階書斎: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

    2階書斎

    2階外壁の間柱の奥行きを大きくし、棚板を架け渡して書棚としています。通常は間柱の隙間に断熱材を充填するのですが、書棚を設けるために2階部分は外断熱工法で施工してあります。

Admin-Area