アトリエ FUDO

アトリエ FUDO

アトリエ FUDO
アトリエ FUDO
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

丸山町の家 

丸山町の家は仕事を引退されたご夫妻の終の棲家であると同時に娘さんが営むプライベートサロン「Kyurasu」を併設する店舗併用住宅である。敷地は北側に接道し、住民用1台と美容室の客用2台の駐車場を確保すると残りの間口はアプローチと少しの植栽帯が設けられるのみであり、建物のボリュームは自ずと導かれた。東西と南は建物に囲まれており、日当たりの確保とサロンを1階の建物正面に持ってきてあげたいと言うご夫婦の希望を満たすためには2階に生活のための居場所を設けるのが自然であった。そのため1階にはサロンの機能とご夫婦の寝室、浴室、洗面、トイレ(サロンと兼用)、2階にはリビング・ダイニング・キッチン・和室(客間)・娘の寝室・トイレを配置した。身体的に健康なご夫婦ではあるが将来的な身体への負担を限りなく少なくするために1階の階高を抑え階段の段数を少なく、蹴上げ高さを小さくするように配慮した。2階は南から「ダイニングキッチン」、「リビング」、「和室と洋室」という3つのレイヤーを天井高さと床のレベルによって3段階に窄めている。最も容積の大きなダイニングキッチンに大開口を設け南からの光・風を取り入れ、続く「リビング」「和室と洋室」へと導く。それぞれのレイヤーを通過する毎に光・風は和らぎ、その空間に合う心地良さへと変化していく。「和室と洋室」にはあえて腰掛けられる程度の段差を設ける事でリビングに面したベンチとしての機能と1階サロン部分の天井高さを確保する役割も担っている。和室のL型に配置された障子は開けてしまえばほぼワンルームとなる大空間を心地よく仕切るための工夫である。4畳半の小さな和室ではあるが障子の上部・天井はシームレスで同じ素材でリビングと繋がる事によって障子を閉めた状態でも視線が抜け空間の広がりと家族の気配を感じる事ができる。室内は無垢のフローリングや漆喰仕上げ等の自然素材を多様している。「ダイニングキッチン」「リビング」「和室」以外の寝室や洗面所・トイレの壁は左官職人から指導を受けた施主自らがDIYで仕上げている。積極的に家造りに参加する事で一生に1度の大切な家づくりの思い出となり愛着を持って頂ける家となっている。

ロケーション
岡崎市 愛知県 日本

Admin-Area