一級建築士事務所 こより

一級建築士事務所 こより

一級建築士事務所 こより
一級建築士事務所 こより
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

中京区の家

主要用途:専用

住宅タイプ:リノベーション

敷地:京都市中京区

家族構成:夫婦と乳児1人

竣工:2013.3 

敷地は京都市中京区。
繁華街を外れた鴨川沿いにマンションが建ち並ぶ静かな場所である。 

住まい手は30代前半のご夫婦と幼児。 終の住処ではなく、次のライフステージには住み替える事を前提とした 案件であった為物件探しから始め、中古物件の流通価格に築年経過が 大きく影響しない地域や今後の値下がり幅が小さい物件を選び、 ゆくゆくの物件利用法として選択肢に幅を持たせようと考えた。また、一生分の想定を盛り込んだ家へと作り込まず、自身の固有性を 探求しながらも一般性のある魅力を持たせる事で住まい手が変わった後の 新たな住人の事も意識しながらプランニングした。 売却に対して+ になりやすいよう、日当りや風通し、間取りや収納など、 空間の使い方にも多くの人が求める部分を重要視し、 手を加える余地を多く残す事で、住まい手の変化に対応でき、 かつ使いやすい空間になるよう計画した。

The site is located in Nakagyo area, Kyoto city 

The quarter is a quite apartment`s residential place, close to Kamo river, out of downtown area 

The residents are a married couple in their 30’s with a child. 

This house was not meant to be the eternal family housing, so the family looked for a place that could be changed in the future to be rented; when seeking for the apartment, they considered a place of second hand that would not be influenced by its devaluation, as well as the age of the building.

 So that finally allowed greater opportunities in the time of a new use for the department. And therefore, a life-long home was not considered, but instead we wanted to explore the identity of its inhabitants without neglecting the general thinking of use for the future occupants.

House in Nakagyo area 

Completion: June, 2015

 Location: Kyoto city, Kyoto 

Family structure: A married couple (30s) with a child 

Building use: Private house 

Type: Renovation 

Main structure: RC structure 

Total floor area: 67.45m2 

Photograph: Shohei Yoshida

ロケーション
京都市

Admin-Area