atelier m

atelier m

atelier m
atelier m
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

Kayashima Photo Studio Ohana-ハレの日は出掛けよう -

2008年の2月、写真スタジオの新築計画がスタートした。クライアントの想いを聞くうちに、考えるようになった。『写真は誰の為にある?』

「環境」

門真市は大阪と京都の中間に位置し、東には生駒山を望む。その北端に京阪萱島駅はある。駅から住宅地の路地を抜け、3分程のところにOhanaはある。 

「Plan」

1階のレセプションは、対面式カウンターでなく「センスの良い知人宅のリビング」と設定した。正面の扉はロゴカラーの黄色をつかい、丸窓をあける。小さな子供がのぞきたくなるよう考えたものである。 2階のスタジオは天井高3.5mを確保し、自然光でも撮影できるよう、様々な形の窓をあけた。撮影に必要な光、背景としてのデザイン、子供の遊び心をくすぐる。この3つのバランスを考えながら配置された。 南面の大開口とベンチは、孫や子供を見守る家族、肘を掛けて外を眺める被写体、お茶を飲むスタッフ、と色々な場面を想像し、慎重に位置や高さを決めたものである。 

「ハレの日には」

建物は出来る限りセットバックし、前庭を確保した。その西側に楕円を描く列柱を建て、背面にある住宅との境界とする。天気の良い日には、外部スタジオとなるよう計画したもので、互いの視線を緩やかに遮り、来訪者を抱くような形態をイメージした。 写真スタジオは、ハレの日に訪れるもの。折角の晴れ姿は、出来るだけ皆に見て欲しい。よってレセプションとスタジオをつなぐ動線は、特に街へ開いた。お宮参り、七五三、成人式、それを見守る家族。それを見かけるだけで、頬が緩むものだ。 ハレの日には出かけよう。全ては、そんな場になって欲しいという願いからである。 

「誰の為 」

このデジタルカメラ全盛の時代に、写真スタジオでしか感じられないものがあると思う。扱うのは写真だけでなく、時間、体験、空間、全てなのだと。写真家であるクライアントの名刺にはこうある。 「happyでnaturalな写真を写します」 写真スタジオの可能性を共に模索し、たどり着いたのがOhana。 「Ohana(オハナ)」とは、ハワイの言葉で「家族」や「仲間」を意味する。当初抱いた問いの答え、そのものだったと思うのである。

ロケーション
Kadoma,Osaka,JAPAN

Admin-Area