TENK

TENK

TENK
TENK
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

天城の家

かつては武家屋敷・町人町をもつ陣屋町として発展した倉敷市藤戸町は、今でも古い商家の建物が残り往時の面影を色濃く残しているが、その歴史的な町並みとは対照的に、計画地は田を埋め立てた新興住宅地の一角にある。新たなまちがつくられていくこの場所で計画するにあたっては、周囲に対する圧迫感を軽減すると共に潤いを与えることを心掛けた。建物の配置は単純である。クライアントの要望であったプライバシーの確保として、プライベートな庭がある中庭型のプランとした。当初は平屋を希望していたが、敷地の大きさや要望の内容からだと平屋にするのは難しいため、子供室のみを2階に、主要となるLDKと主寝室等を1階に配した。リビングとダイニングキッチン、そして寝室はコの字型の真ん中にあるプライベートな中庭を介し、緩やかな空間の連続性を生み、お互いの気配がなんとなく感じられるようになっている。2階建て部分の大きな屋根は平屋の屋根に連続していき、連続する切妻の屋根は道路に近づくにつれ低く抑えられ、街に対して圧迫感を与えないようにした。道路と建物の間の緩衝スペースには植栽を植え、街並みだけでなく行き交う人々にも潤いを与えることが出来ることを願う。

ロケーション
kurashiki,japan

Admin-Area