建築計画網・大系舎 一級建築士事務所

建築計画網・大系舎 一級建築士事務所

建築計画網・大系舎 一級建築士事務所
建築計画網・大系舎 一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

テナントビルの住宅コンバージョンBT-house

需要の落ち込んでいるテナントビルを住宅にコンバートしたリノベーションプロジェクト。

築28年の鉄骨3階建、各階38.3㎡、延床115㎡の住宅レベルのボリュームの建物で、1階不動産事務所・2階スナック・3階事務所のテナントビルを住宅にコンバートした。

このプロジェクトで目指したものは、住まい手が育てていく家。 細かいことを想定して完成させるのではなく、大雑把な設計として住みながら付け加えていく家である。そのため、必要最小限の工事で住宅にコンバートし、DIYを取り入れて完成に近づけていくように考えている。

独立している1階の「不動産事務所」は綺麗な状態であったため、壁の漆喰や家具などをDIYで行った程度。 ほとんど既存の状態で、自営で仕事をしている夫婦のアトリエ・書斎とした。

2階「スナック」は窓が1つで薄暗く、仕切り壁により窮屈な状態だったが、南北2面接道の立地を活かし、開口部を新規に設けて、天井や壁を解体することで、開放的で風通しのよいLDKとなった。 スケルトンの天井、シートを剥がしただけのコンクリート土間、区画壁を解体して露出した階段など、削りだす設計とすることで、既存のソースをいかした中古ならではのこなれたテイストが感じられる空間である。

3階「事務所」は可変性のある畳部屋とし、寝室として使っている。 水廻りは室内の黒板塗料を塗装した箱の中に集めて設置した。 現段階で必要最低限のプランとして、将来的にもう一部屋必要になれば、間仕切りを追加して部屋を増やすように考えている。

このプロジェクトでは、多くの仕上げ工事や収納家具の製作をDIYで行っている。 職人が造ったようなきれいな仕上がりは難しいが、そのラフで大雑把な仕上がりが、スケルトンむき出しのこの家にはなじんでいるように思う。 また、DIYを取り入れたことで、住まい手に維持・更新していく意識が生まれており、現在でもカスタマイズを楽しんでいる。

DIYは、建物に愛着をもって接していく上で大切なことである。 住まい手が材料を学び、建物を知り、更新しいくことで、10年後にはもっと良い住宅になっていくように思う。

PHOTO:森川貴史

ロケーション
埼玉県

Admin-Area