スタジオアウラ一級建築士事務所

スタジオアウラ一級建築士事務所

スタジオアウラ一級建築士事務所
スタジオアウラ一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

記憶を繋ぐコリドー

Photographs: Ippei Shinzawa

長野県の古い集落の農村地域に建つ住宅。

西に素晴らしい眺望を望み東には母屋があり、長くこの土地で暮らして来た先祖の記憶は敷地のあちこちに残っていた。

例えば山からの伏流水を溜める小さな池は夏は夕涼みに、雨の多い日には水はけを上手く調整し実に機能的である。

敷地内の石積みや母屋から繋がる石段は祖父や父によって創られ今も若夫婦と子供たちを守ってくれている。

私達はこの家族が素晴らしい西の風景を取り込む事を考えながら少ないエネルギーで日常を過ごせる事を第一に考えた。
 その為、夏の日射を考慮し大開口は1メートルあげたコリドーに取り付け 庇も開口まで被る様に計画した事で風の通りも良く日差しも遮り 眺望を楽しむ生活が実現した。

実家の記憶を繋ぐ石段が母屋からの動線は土間に繋げて眺望に向かって抜けていく。

また 室内環境を守るため2階の西に大開口は設けず下のコリドーの大開口を開けると涼しい風が吹きあがる。 農転申請必要な地域で母屋の隣の新築は住まいや敷地、家族との関係をRe・デザインした住宅である。

ロケーション
Shiojiri,Nagano

Admin-Area