石井秀樹建築設計事務所

石井秀樹建築設計事務所

石井秀樹建築設計事務所
石井秀樹建築設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

東村山の家

計画地は東京郊外のベッドタウンにあり、戸建て住宅やアパートが立ち並ぶ古い住宅街である。本計画は80坪の敷地に、50代のご夫婦と愛犬のための住宅を建築する計画である。

ご夫婦からの要望は極めて明快であった。二人だけの生活なので、家の中でのプライバシーは必要無く、ただ外部とのプライバシーをしっかりと確保して、家の中で自由な生活を楽しみたい、とのことだった。生活を便利にする機能的な要望は一切無く、むしろプリミティブな機能だけが要求されている。これは純粋に空間の自由さを獲得するための計画である。空間に与えられた機能が人の行動を規定するのではなく、住人の自由な選択によって場の意味が変わる、そんな空間が相応しいと思った。

広々としたホールは目的を持つ人にとっては自由な空間と言えるが、無目的な人は途方に暮れ、却って自由さが奪われてしまう。自由な空間とは、無目的な行動を受け容れ、自由な選択を可能にする空間、それは街路のようなものだと思い浮かんだ。街路では食事をする人や段差に座って本を読む人がいれば、木陰で休んでいる人もいる。子供や犬が走り回って遊んでいたりもする。人がその時々に応じて場を選択し、そこに意味を与える。この自由さを住空間で実現できないかと考えた。そこで、街路のように連続した変化を有し、様々な行動を誘発する空間要素が鏤められた、そんな多様性を持つ空間を意図して計画した。季節や時間によって表情が移り変わる三つの雑木林の中庭、それを巡る8の字の回遊空間を基本構成とし、床仕上げの変化、床段差、天井高の変化、明暗の差など空間要素の組み合わせによる多様な性質を与えた。機能と空間が全単射的に対応するキッチンや浴室も、連続する空間の中にさりげなく配置し、機能と空間の関係を薄め、あくまで空間の性質が場の選択の理由となる状況を創り出すことを意識した。

施主が日々新たな空間と出会い、そこに空間との多様な関わりが生まれた時、真に自由な空間を獲得したと言えるのかもしれない。

PHOTO:K.Torimura

ロケーション
東京都

Admin-Area