hiroshi kuno + associates

hiroshi kuno + associates

hiroshi kuno + associates
hiroshi kuno + associates
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

KUMAGAI HOUSE

敷地は50坪程度の規則的な区画に2階建て住宅が建ち並ぶごくありふれた住宅地。そこに周りの家とは少し違ったスケールを持つ家をつくる。平均的な住宅地の中の新しいスケールが新しい環境をつくり、新しい生活体験を生み出していく。日本の住宅地における新しい家のあり方を考えている。

この小さな住宅は平屋のボリュームと3階建てのタワーで構成されている。平屋のヴォリュームはとても低い。土の中に720mm埋まり、ダイニングテーブルと同じ高さに庭がある。窓のすぐそこに花が咲き、家の中の大人と同じ高さで子供たちが外で遊んでいる。屋根の高さは1,870mm。低いヴォリュームは自分自身の影をほとんど作らないので、敷地全体がとても明るい。その反射光で家の中が満たされる。屋上にのぼると庭に植えられた木々に囲まれる屋上広場がある。バルコニーや2階建ての屋上とは違う気持ちのいい高さの屋上。まわりの住宅や通りを歩く人たちとの関係を少しだけ変える。 もう一つのヴォリュームは木造の小さなタワー。一辺が3mの正方形で、高さが8mある。高さを体験できるヴォリュームが高さのある環境をつくりだす。3階の窓からは、周りの家を超えて遠くの山や大きな空を感じることができる。 敷地全体が生活のための空間になり、敷地の中を風が通り抜け、通りを歩く人々の視線が通り抜ける。どこにいてもいつも大きな空があり、どこまでが自分の敷地でどこからが通りなのかがわからなくなるような緩やかな連続のなかに、新しい普通の生活を作り出している。

ロケーション
sapporo

Admin-Area