SPACESPACEが手掛けたD-APARTMENT(CASA Kojiro) | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
SPACESPACE
SPACESPACE

SPACESPACE

SPACESPACE
SPACESPACE
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

D-APARTMENT(CASA Kojiro)

なめらかな配置

駅前に建つ、住宅ともビルとも呼べないスケールの集合住宅である。敷地は、樹齢700年のクスノキがホームと屋根を突き抜けた駅の西側に位置している。ロータリーが整備された割に閑散とした東口に比べ、西口は駐輪場や神社、高架下の商店、小さな屋台のような店舗、クスノキや桜などの街路樹、水路が混在し、地域住民が多く行き交うにぎやかな場所である。

余りに多くの環境に囲われた敷地(形状は5角形)ではあるが、大きなスキームとして、1階店舗が面する西側の道路と敷地北側に長く見える駅の高架、南側の太陽という環境に各々対応しつつも、それらをなめらかに繋ぐような建物を作れないかと考えた。

住戸の形と環境

30㎡程度の単身者用集合住宅は、通常1住戸4m×8m程の平面に水廻りや廊下と8~10畳ほどのリビングが詰め込まれ、住戸バリエーションはキッチンの配置や内装の配色変更で作られる。

1住戸を2m×16mの平面にすると、片方にだけは「広い」通路のような部屋のような空間を作ることが出来る。16mの奥には寝室や水廻りが配置されるが、プランニングにより壁を立てるのではなく、奥が見えなくなるような形に折り曲げることでプライバシーが生み出される。

このような住戸を、1フロアに2戸×3層積み上げた2m巾からなる壁のようなボリュームを敷地境界線に沿って配置し、屋外階段の取付き(階段の取付いた箇所から半分が1住戸)を調整することで、住戸の形と環境の取込による住戸バリエーションを作り出した。この過程で出来た中庭と階段は、隣地に挟まれた従来の屋外階段のあり方と比べて、随分と快適で親密な場所となった。開口部は2m巾のボリュームを貫通するよう1対でとり、中庭の通風と採光を建物越に確保する計画とした。

間取り的想像力

多くの人が何度か経験している「部屋探し」、そこで見る「間取り」はとても多様である。異様に大きなバルコニーが付いていたり、部屋が異常に入り組んでいたり、極端に細長かったり。このような賃貸アパート特有の面白さは、建築デザインにとって、これまでは見出される対象でしかなかった。

この計画で試みたのは、賃貸アパートで発見された「間取り的想像力」を設計の方法論に取り込むことであった。新しい集合住宅を作る可能性は、既に都市に溢れているはずである。

ロケーション
Kadoma city,Osaka

Admin-Area