庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI  ARCHITECT&ASSOCIATES

庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI ARCHITECT&ASSOCIATES

庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI  ARCHITECT&ASSOCIATES
庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI ARCHITECT&ASSOCIATES
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

吉川の家 / House in Yoshikawa

● 大交差点に建つ
計画地は将来の歩道セットバック部分を除くと24坪ほどの狭小敷地で、幅員 22mの市道と幅員11mの県道が交わる大きな交差点の南東角に位置していた。 西側市道の対岸には吉川市を5km近くにわたって南北に貫くサクラの並木道 が存在し、敷地からは道路を挟んでその木々の緑を臨むことができる。 本計画では、圧倒的なスケールを持つ大規模交差点と対峙することができる 存在感のある造形を持つ建築を提案したいと考えた。

混構造が支えるスカルプチュアルな造形

1F機能はエントランスとホールのみとし、その他のヴォリュームは外部に開 放された駐車場のためのピロティー空間とした上で、この住宅における主な 居住空間は全て2Fにプログラムしている。斜めに迫り上がる象徴的な3本の足 ”RC傾斜壁”に支えられるフレーミングがこの住宅の建築造形を決定づける 大きな要素となった。傾斜壁からは西側と北側へスラブを跳ね出させ、その キャンティヴォリュームを木造の架構で包み込むことによって、必要な居室 空間を確保するとともに、この住宅の建築造形を補完させている。また開口 部は北にクローズ西にオープンのイメージとし、西方向に視覚的方向性を持 たせ、サクラ並木への眺望を確保している。

Built faced a huge-scale intersection
Site is located at south-east corner of the huge intersection that road of 22m and 11m in width crossed. West side of site is faced the avenue of a cherry tree-lined for nearly 5km.We mentioned to suggest the sculptural design which could coexist against a huge-scale intersection.

Sculptural Design supported by combined structure

We program that 1F is functioned by piloti and entrance hall, and lifted other all residential volume up to 2F.Three inclined wall by RC that lifted 2F volume was symbolic design elements of this house. The volume with wooden frame cantilevered from inclined wall to west and north contained necessary residential space.The opening of 2F is closed for north and opened for west, and gain the view to the cherry tree-lined avenue.

photo : shigeo ogawa http://ogawa-studio.com/

ロケーション
Saitama, Japan

Admin-Area