(株)ハウスオブポタリー

0467 -32-0109

築60年の民家をリフォーム。

丹沢山脈へむかう道沿いに建つ、築60年の木造平屋の改装をいたしました。

昔の面影を残しつつ、現代の生活様式に合うように、改装しました。

  • Before 玄関

  • After 玄関

    玄関廻りの構造は変えていませんが、板塀を墨色に塗り替えただけで垢抜けた印象になりました。

    家の顔というべき玄関はその家の印象をあらわす要素のひとつですね。

  • 玄関

    現代の住宅状況ではなかなか玄関に広い空間をさくことは難しいですが、昔の日本家屋はゆとりをもってつくられていますね。

    大切なお客様を気持ちよくお迎えしたいという心の現われが空間に反映されている気がします。

    漆喰壁はそのままに上から塗装で仕上げ、床は無垢の松材に交換いたしました。

  • 築60年の民家をリフォーム。

  • 建具

    解体される民家から救済した建具を間仕切りや欄間に使用しました。

    指物技術は日本が誇れる技術のひとつだと思います。

  • リビング・縁側

    リビングは畳から無垢材に交換しましたが、縁側の床板は昔のままを残しました。

    新旧の床板で経年変化を楽しみます。

  • 縁側

    縁側にデスクを備え付け、両側には棚を正面には両開きの窓を取り付けました。

    天気のいい日は窓を開け放して、山をみながら仕事をしたり読書をしたりします。

    ちょっとしたスペースですが工夫次第でcozyな空間が出来ます。

  • 浴室

    こちらは増築しました。民家がないので思い切って大きい窓をとりつけて開放的なお風呂場に仕上がりました。

    月をめでながら入るお風呂は粋です。

  • キッチン

    もともとあったキッチンを塗装し、シンクだけ取り替えました。

    浴室へと続くドアもオリジナルで作り、墨黒と白のコントラストがモダンな感じになっています。

Admin-Area