向山徹建築設計室

向山徹建築設計室

向山徹建築設計室
向山徹建築設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

O-HOUSE

広島市内の中心にほど近い住宅地に夫婦、子供ひとりが暮らすすまいである。敷地は東西に木造2階建、南に3階建の住宅が隣接している。 

市街地に近い住宅地においては、敷地に対して密度高く 建物を建てる状況が多く見られるが、今回の場所も周辺住宅はだいたい北側一杯に建物を寄せて南側の残された空間をささやかな庭か駐車スペースにしている。特に今回の敷地の南側には3階の住宅が迫っているために、採光や通風、敷地内での採光の反射・通風経路と速度・格子による視線の遮断と軽減などを注意深く構成する必要があった。

施主からは、駐車スペースを三台分(一台は来客用)確保すること、絵をたくさん所有しているので絵を掛けられる壁が重要であること、構造体や木の仕上は濃い色にして、落ち着いた内装とすること、家で家族全員がデスクワークできるゆったりとしたスペースが必要であるなど、具体的な住まいのイメージが提示されていた。

全体の構成はふたつの台形平面が南北にずれるかたちで東西に向かい合っている。それぞれ茶の間・2階のリビング・ライブラリーのある公的な場所、個室・サニタリー空間・納戸などの私的な場所に分かれている。ふたつのゾーンは中央に位置する玄関・階段・書庫のあるジャンクションによってつながる。台形平面のずれや斜めのラインによって隣地との間に生まれる空間が、駐車スペース、坪庭を持つハナレのような和室、ポケットパークのような来客用駐車スペース、奥庭など、近隣との関係を様々な形で融和させている。その結果、東西に隣接する家に対しても日照条件など、建替前の状況よりかなり改善された。

形態は袖壁や格子など多くの襞をもった建築となった。躯体の軸組より外側に大きな空気層のある外壁をつくり、台形の平面を東西から大きく覆い、風雨から木部を保護すると同時に、準防火地域においてはそれが防火要素としても有効に機能することとなった。

また、2階の床組は正三角形の組合せで高い床剛性を持ち、ベンガラ色に塗装された密実な構造体として、重心の低い落ち着きを1階の空間にもたらしている。屋根組は片流れの屋根とし、2階のプライベートな空間に豊かな光を導きながら東西の隣地に対してはボリュームを落としている。

ロケーション
広島県
  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

  • O-HOUSE: 向山徹建築設計室が手掛けた家です。

    O-HOUSE

Admin-Area