林建築設計室

林建築設計室

林建築設計室
林建築設計室
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

三角屋根の家

【敷地・環境について】

建設地は長野県松本市の閑静な住宅地。敷地の南側に前面道路、その道路の反対側には公園があり、また中心市街地にも近い環境であることから建主はこの場所を選んだ。建築としてのスケール感や色彩に配慮しながら、街の中にとけ込む新しいデザインを求めて設計が始まった。 

【家づくりのテーマ】 

住まい手は夫婦と子供3人である。多忙な日々の生活の中で家族5人がいかにして快適で合理的な暮らしをしていけるか。公園との向き合い方、緩やかにプライバシーを守りつつ使い回し可能な個室群のあり方、そして混構造(RC造+木造)の表現方法を考えた。 

 【空間の特徴】

 細長い平面形状に対しシンプルな切妻屋根を架けている。そして低く抑えたプロポーションと公園に向く妻面の表情は、街に対して優しく調和している。「室内~テラス~庭~道路~公園」を直線的に貫く軸線をつくり、そこに室内の各機能が付随する明快な動線が実現できている。 

【見え隠れする個室群】

2階全体のひとつの空間をブースで仕切るイメージで個室が並び、緩やかにプライバシーを守っている。4.5帖の空間を6単位つくり、時間の経過に伴い子供の成長や暮らし方の変化に対応できるよう、自由にローテーションしながら暮らしていくことを想定している。

【構造計画について】 

1階はRC造、2階は木造の混構造とした。 外断熱工法により構造体を室内側の仕上げ材として表現している。(1階はコンクリート打放し、2階は1間半毎に繰り返す木造) 

【サスティナブル社会に向けて】

長野県の風土や気候、そして敷地を取り巻く固有の環境に配慮して、基本的には自然の光や風を取り込み、四季の移ろいを感じながら快適に暮らせることを第一に考えている。そして忙しい現代社会の中でコンパクトに暮らし、建築としての構造や断熱性能などを高いレベルに設定することにより、光熱費の削減や長期的維持管理のしやすさも目指している。

ロケーション
長野県

Admin-Area