てとてが手掛けたてとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
てとて
てとて

てとて

てとて
てとて
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ

人と人、人とモノが出会う場所をつくりたいー。

そんな思いから、2011年5月、岩手県盛岡市内にオープンしたのが「てとて」。周囲を高層マンションに囲まれた築50年の木賃アパートで月に数日間だけオープンし、東北各地の手仕事の道具をはじめ無農薬野菜やパンの販売、また作り手によるワークショップを行っていました。

「てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ」は、岩手県北の久慈市で200年以上続く窯元・小久慈焼とのコラボレーションで生まれたものです。小久慈焼は、あの民藝運動の創始者・柳宗悦にも高く評価された北東北のやきものです。

「具沢山のスープが飲みたい」というデザインイメージを元に何度もブラッシュアップを重ね 、スープカップが完成したのは2014年12月。容量はたっぷり350ccで、野菜たっぷりスープはもちろんお粥などの「ひとりごはん」にも便利です。また、大きめのハンドル(取っ手)付きなのでホールドしやすく持ち上げやすいのも特徴です(見た目より軽い!と驚く方が多いです)。

カラーは、どんなスープもおいしく見せるホワイトと、こっくりスープが似合うブラウンの2色。この色は、小久慈焼伝統の釉薬でもあります。オーソドックスだからこそ盛るものを選びません。

なお活動場所のアパートは2015年5月に老朽化により取り壊しになリました。現在てとては、新たな場所でのオープンを目指して準備中です。

  • てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ブラウン>: てとてが手掛けた家庭用品です。,

    てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ブラウン>

    小久慈焼伝統の飴釉を全面にかけたオリジナルスープカップ。

    カボチャのスープやミネストローネなど、彩り鮮やかなスープに似合います。

  • てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ホワイト>: てとてが手掛けた家庭用品です。,

    てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ホワイト>

    小久慈焼伝統の糠白釉を全面にかけたオリジナルスープカップ。

    ベーシックなカラーリングで和洋中、幅広く使えるカップです。

  • てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ホワイト>: てとてが手掛けた家庭用品です。,

    てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ホワイト>

    350ccが入る容量のため、ハンドルを太くしています。

    見た目に比べて「軽い!」と驚く方が多いです。

  • てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ホワイト&ブラウン>: てとてが手掛けた家庭用品です。,

    てとて×小久慈焼 オリジナルスープカップ<ホワイト&ブラウン>

    具沢山のスープが飲みたい。

    食いしん坊による、食いしん坊のためのスープカップです。

    現在は「てとて」によるイベントほか通信販売も承っています。

Admin-Area