susumulab

susumulab

susumulab
susumulab
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

大福寺山門

カテゴリーの中にはなかったので「学校」としましたが、これは「宗教施設」です。しかも本堂ではなくその門(山門)をデザインしたものです。初めてこの寺院を訪れたとき、1958年に建立された山門は既に梁が折れて傾き自立できない状態でしたが、その華奢な姿が妙に印象的でした。

山門の計画に当たっては、この寺院を訪れる老若男女に愛され親しまれる形態を目指し、単なる門ではなく生と死を結ぶ境界であり原点となる空間としたいと考えました。

その結果、生まれたのがこの山門です。屋根の照りは以前よりは柔らかくし、構造的スタンスも少し広げましたが、鬼瓦や松菱も先々代の1800年代後半製作のデザインを復元するなど全体の雰囲気に過去のイメージを残すように努めました。一方、いざ山門をくぐるときはこれまでとは全く違う世界を現出します。懸魚や蟇股、或いは飛燕垂木などの装飾的要素を排し細い化粧垂木だけが艶やかに湾曲する天井があるのみです。これらは樹齢400年を超える杉材で構成しています。夜は、冠木に埋め込まれたLED照明によりこの曲面が辺りの暗闇を照らします。過去と現在と未来が邂逅する場所、エロスとタナトスの境界線の誕生です。

  • 大福寺山門: susumulabが手掛けた学校です。

    大福寺山門

  • 大福寺山門: susumulabが手掛けた学校です。

    大福寺山門

  • 大福寺山門: susumulabが手掛けた学校です。

    大福寺山門

Admin-Area