株式会社伏見屋一級建築士事務所

株式会社伏見屋一級建築士事務所

株式会社伏見屋一級建築士事務所
株式会社伏見屋一級建築士事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

MAISON I

東京都心部の戸建住宅の改修計画。

二世帯化に伴うツーバイフォー住宅の改修計画である。外装は数年前に改修済みであり、内装工事のみの計画となった。

ツーバイフォー住宅は耐震壁による平面構成の制約が強いのが特徴で、生活に則した大胆なプランの変更は不可能だったが、各階で使途・機能を整理することで、この条件をクリアにした。

1階は共用スペース空間と父親用居室空間とし、2階は子世帯用の居室空間としている。

共用スペース空間では、トイレ・水廻りの設備更新と動線整理を積極的に行ない、また父親用居室とこれらの近接を図ることで高齢化に伴う生活行動の変化にも柔軟に対応出来る計画とした。

2階はこの階でもっとも採光が期待できる場所に収納があり、耐震壁ではなかった経緯から、これを撤去し、二つの部屋を繋ぐことで2室利用も可能なリビングをしつらえた。

全体として、ローコストでの改修計画らしい費用対効果のある計画となった。

(撮影:増田慎太郎)

  • 玄関: 株式会社伏見屋一級建築士事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。

    玄関

    階段奥手にはキッチンの背面ユニットがある。二世帯化に伴い収容物が増えることは明らかだが、既存の建具がその収容量を制限していた。そこでこれを取り払い、荷物の授受に実用性のある小窓をしつらえた。

  • 居間: 株式会社伏見屋一級建築士事務所が手掛けた和室です。

    居間

    子世帯のリビングから子供室に向けて雁行して緩く繋がる空間をしつらえた。

    写真中央の飾り棚は階段上部の勾配屋根との取合い部分でもあり、また家の主であるネコの指定席も兼ねている。

  • 居間: 株式会社伏見屋一級建築士事務所が手掛けた和室です。

    居間

    子世帯のリビングから子供室に向けて雁行して緩く繋がる空間をしつらえた。

    写真中央の飾り棚は階段上部の勾配屋根との取合い部分でもあり、また家の主であるネコの指定席も兼ねている。

  • 居間: 株式会社伏見屋一級建築士事務所が手掛けた和室です。

    居間

    子世帯のリビングから子供室に向けて雁行して緩く繋がる空間をしつらえた。

    写真中央の飾り棚は階段上部の勾配屋根との取合い部分でもあり、また家の主であるネコの指定席も兼ねている。

  • 洗面所: 株式会社伏見屋一級建築士事務所が手掛けた浴室です。

    洗面所

    日当たり条件の芳しくない空間に間接照明をしつらえることで高級感を出した。

Admin-Area