株式会社TERRAデザインが手掛けたストーブのある家 | homify
株式会社TERRAデザイン

株式会社TERRAデザイン

株式会社TERRAデザイン
株式会社TERRAデザイン
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

ストーブのある家

建て売り住宅にて購入された住宅の2階をリフォーム設計しました。リフォーム前は建物の中心にバルコニーがあり、間口が狭いところをさらに圧迫していました。そこで、使い勝手をヒアリングし広く明るい空間となるようにバルコニーの位置を建物の端に移動しました。

設計をする上で既存建物の設計図書を確認したところ、1、2階同一同種類で筋交い等の耐力要素が計画されており2階の耐力要素が過剰であり、また1階の耐力要素が偏心していたのでこれらの構造チェックを踏まえ、2階の壁は樋力要素も含めて適切に除去して広い空間を確保しています。また、1階への荷重入力のバランスを調整しつつ一部に耐震補強を実施して偏心率を10%以下になるようにしています。

設備機器は既存のキッチンキャビネットは再利用しつつオーダーメードで制作し、ガスコンロ等を新しくしています。また、床材は見た目にやさしく肌触りの良さを求めてナチュラルオーク材を採用し、柔らかな居心地の良い空間としています。そして、ご主人の希望であった薪ストーブを計画し、仕事が終わって帰宅してからのシングルモルトウィスキーを味わいながら揺らめく炎を眺めるひとときを楽しまれています。

規模
10.9 × 5 m / 41.85 ㎡ (全長, 幅 / 面積)
ロケーション
神奈川県川崎市
  • 居間のくつろぎ空間その1: 株式会社TERRAデザインが手掛けたリビングです。

    居間のくつろぎ空間その1

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 部屋が寒くならないためにチェックするべきこと

    バルコニーのあった位置を室内とし、柱を最小限に抑えつつ広い空間を実現しました。南側から入る陽が心地よく感じられます。奥には1段あがったところで引き戸で閉じるとちいさな空間を用意しています。その右手に移動したバルコニーがあり、プランターのグリーンが目に優しい落ち着いた隠れ部屋になっています。

  • 居間のくつろぎ空間その2: 株式会社TERRAデザインが手掛けたリビングです。

    居間のくつろぎ空間その2

    陽が暮れてくると照明の暖色の明かりが柔らかく空間を包み出します。再利用してつくったキッチンとひと続きの空間が奥行きを感じさせてくれます。

  • 居間のくつろぎ空間その3: 株式会社TERRAデザインが手掛けたリビングです。

    居間のくつろぎ空間その3

    より広く空間をみせるために階段室との壁をガラスを組み込んだ制作建具で設計しています。キッチンで再利用しているパインの扉面材のデコラティブ調と程よく調和するようにデザインしています。

  • キッチンその1: 株式会社TERRAデザインが手掛けたキッチンです。

    キッチンその1

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 激安でキッチンインテリアをおしゃれに改造する方法まとめ!

    既存住宅で使われていたオーダーメードキッチンの扉面材やキャビネットをできるだけ再利用しています。幸運なことに既存キッチンの制作会社をみつけることができたので、設計から相談することができました。扉面材がパイン材で少し特殊なものだったのですが、不足する材もおかげで取り寄せることができています。

  • キッチンその1: 株式会社TERRAデザインが手掛けたキッチンです。

    キッチンその1

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 使いやすい調味料の収納とは

    天板やシンク、コンロ、換気フード等の設備機器は新しいものにしています。タイル仕上げによるキッチン前の収納スペースが小物置き場として活躍しています。

  • スタイリングその1: 株式会社TERRAデザインが手掛けたキッチンです。

    スタイリングその1

    小物とタイルの組み合わせ

  • スタイリングその2: 株式会社TERRAデザインが手掛けた書斎です。

    スタイリングその2

    お持ちのアンティーク家具を捨てずにスタイリングして部屋を演出しています。

  • 薪ストーブ: 株式会社TERRAデザインが手掛けたリビングです。

    薪ストーブ

    JØTUL F 602

    ノルウェーの伝統的な技術、高い品質、機能的なデザインに基づいたヨツールの薪ストーブを採用しています。

    1930 年代の匠の技と現代の技術を結集した名品 1930 年代にノルウェーの首都オスロを中心に、教会や橋を建築したBlakstad 氏とMunthe-Kaas 氏によるデザインです。彫刻家のØrnulf Bast 氏がレリーフを担当しました。技術的な改良を繰り返し、現在はクリーンバーンを搭載しています。設置が簡単で熱効率がよく、本体上部のホットプレートで料理も楽しめます。

    コンパクトですが、今回の室の広さには充分な性能をもっており大きすぎない存在感が程よく空間に調和しています。

    参考:http://www.jotul.co.jp/home.html

  • バルコニーその1: 株式会社TERRAデザインが手掛けたテラス・ベランダです。

    バルコニーその1

    洗濯物を干したりする機能は必要なかったので「観るバルコニー」としてデザインしています。

    外壁を左官によりリフレッシュし、植物や小物が「観せられる」ようにしています。

  • バルコニーその2: 株式会社TERRAデザインが手掛けたテラス・ベランダです。

    バルコニーその2

    室内側に1つだけ窓をとり、ご主人が葉巻をここで嗜んでいたりしても気配を感じることができるように計画しています。

Admin-Area