愚陶庵が手掛けたサイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶碗」 | homify
愚陶庵
愚陶庵
愚陶庵
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶碗」

茶道具は畳の上で、またその空間に合わせた道具のサイズになっているのが大半ではないでしょうか、そのサイズの茶碗を卓上でお客様にお出しした時に違和感を感じました。その違和感は大きさであって、茶碗との距離感でもありました。そこで茶碗を一回り小さくするとランチョンマットに菓子皿と共に収まり、まとまりました。それから愚陶庵では一回り小さな抹茶碗を制作しています。またその経験が現代茶陶を考えるきっかけともなっています。

  • サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶碗」: 愚陶庵が手掛けた現代のです。,モダン 陶器

    サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶碗」

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 伝統美を感じる食卓を演出するには?

    茶道具は畳の上で、またその空間に合わせた道具のサイズになっているのが大半ではないでしょうか、そのサイズの茶碗を卓上でお客様にお出しした時に違和感を感じました。その違和感は大きさであって、茶碗との距離感でもありました。そこで茶碗を一回り小さくするとランチョンマットに菓子皿と共に収まり、まとまりました。それから愚陶庵では一回り小さな抹茶碗を制作しています。またその経験が現代茶陶を考えるきっかけともなっています。

    現代様式に合わせたサイズ、デザインも高台を目立たせずにシャープなシルエットを意識しました。そこに伝統的な織部釉を使い、またしっかり片手で茶碗を持ち水を捨てられるように高台内は削り込み、指が掛かるように機能面もしっかりと意識し制作しました。

  • サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶: 愚陶庵が手掛けた現代のです。,モダン 陶器

    サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶

    茶道具は畳の上で、またその空間に合わせた道具のサイズになっているのが大半ではないでしょうか、そのサイズの茶碗を卓上でお客様にお出しした時に違和感を感じました。その違和感は大きさであって、茶碗との距離感でもありました。そこで茶碗を一回り小さくするとランチョンマットに菓子皿と共に収まり、まとまりました。それから愚陶庵では一回り小さな抹茶碗を制作しています。またその経験が現代茶陶を考えるきっかけともなっています。
    現代様式に合わせたサイズ、デザインも高台を目立たせずにシャープなシルエットを意識しました。そこに伝統的な織部釉を使い、またしっかり片手で茶碗を持ち水を捨てられるように高台内は削り込み、指が掛かるように機能面もしっかりと意識し制作しました。

  • サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶: 愚陶庵が手掛けた現代のです。,モダン 陶器

    サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶

    茶道具は畳の上で、またその空間に合わせた道具のサイズになっているのが大半ではないでしょうか、そのサイズの茶碗を卓上でお客様にお出しした時に違和感を感じました。その違和感は大きさであって、茶碗との距離感でもありました。そこで茶碗を一回り小さくするとランチョンマットに菓子皿と共に収まり、まとまりました。それから愚陶庵では一回り小さな抹茶碗を制作しています。またその経験が現代茶陶を考えるきっかけともなっています。
    現代様式に合わせたサイズ、デザインも高台を目立たせずにシャープなシルエットを意識しました。そこに伝統的な織部釉を使い、またしっかり片手で茶碗を持ち水を捨てられるように高台内は削り込み、指が掛かるように機能面もしっかりと意識し制作しました。

  • サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶碗」: 愚陶庵が手掛けた現代のです。,モダン 陶器

    サイズにコダワッタ卓上用の抹茶茶碗「Modern series ORIBE 小服茶碗」

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] これだけは知っておきたい茶道の心得

    茶道具は畳の上で、またその空間に合わせた道具のサイズになっているのが大半ではないでしょうか、そのサイズの茶碗を卓上でお客様にお出しした時に違和感を感じました。その違和感は大きさであって、茶碗との距離感でもありました。そこで茶碗を一回り小さくするとランチョンマットに菓子皿と共に収まり、まとまりました。それから愚陶庵では一回り小さな抹茶碗を制作しています。またその経験が現代茶陶を考えるきっかけともなっています。
    現代様式に合わせたサイズ、デザインも高台を目立たせずにシャープなシルエットを意識しました。そこに伝統的な織部釉を使い、またしっかり片手で茶碗を持ち水を捨てられるように高台内は削り込み、指が掛かるように機能面もしっかりと意識し制作しました。

Admin-Area