家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた東山の家2|準防火地域の狭小敷地住宅 | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office
家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office

家山真建築研究室 Makoto Ieyama Arch…

家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office
家山真建築研究室 Makoto Ieyama Arch...
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

東山の家2|準防火地域の狭小敷地住宅

建設地の金沢市東山は、細い街路に狭い間口の宅地割りの住宅が建ち並び、伝統環境保存区域に指定された景観上も重要な地区であり、建築の形態や屋根、外壁の色彩なども条例で規制されている。しかし、観光地の茶屋街周辺の景観整備とは異なり、住宅が建ち並ぶこの地区においては、サイディングによる外観や、駐車スペースのために道路から大きく後退した建物によって街並みの連続性や風情が失われている。準防火地域であるため外壁や開口部の仕様も限定され、条例の基準に適合する色彩であれば素材は問われないことにも問題がある。

家族二人が暮らす生活の場は1階にまとめ、2階は全て納戸としている。最小限の駐車スペースを確保した上で、前面道路側の東側を2階建てとして街並みの連続性を保ちながら、敷地奥側の南面に小さな外部空間をとり通風・採光を確保している。 玄関庇と袖壁による防火壁によって隣地境界からの延焼ラインを避けて、玄関廻りに板張りの外壁と木製建具の玄関戸を設け、人を迎え入れる玄関としての雰囲気を創り出している。

所在地:石川県金沢市
用途:住宅 構造:木造2階建て 外部仕上 屋根:ガルバリウム鋼板立ハゼ葺 外壁:ジョリパット塗    :ジョリパット吹付 開口部:アルミサッシ(Low-eペアガラス) 内部仕上 床:アッシュフローリング 壁:石膏ボード和紙貼 天井:石膏ボード 和紙貼

  • 外観: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。,ミニマル
  • 玄関ポーチ: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた廊下 & 玄関です。,ミニマル
  • 外観: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。,ミニマル
  • 玄関戸: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた廊下 & 玄関です。,ミニマル
  • 玄関: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた廊下 & 玄関です。,ミニマル
  • リビング: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けたリビングです。,ミニマル
  • リビング: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けたリビングです。,ミニマル
  • リビング: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けたリビングです。,ミニマル
  • リビング: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けたリビングです。,ミニマル
  • 畳コーナー(仏間): 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けたリビングです。,ミニマル

Admin-Area