庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けた窯焚き | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
庚申窯-Koshin-kiln-
庚申窯-Koshin-kiln-

庚申窯-Koshin-kiln-

庚申窯-Koshin-kiln-
庚申窯-Koshin-kiln-
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

窯焚き

庚申窯では年に2回ほど、昔ながらのやり方で薪を使って窯を焚きます。薪で焼き上げた作品は電気や灯油の窯では出せない、優美で奥行きのある色味となります。

窯の湿度、くべる木の種類や状態、中に入れる焼き物の位置や数による空気の流れなど様々な要素が作品の出来に影響するため「完全に同じもの」は作ることができず、基本的にすべてが一品作となります。

リンクからは動画につながります。

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

    釉薬の溶け具合を見るために、レンガの一部を取り外して色見用の品物を取り出します。

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

    取り出した色見は水で冷やして、その場で釉薬の色を見ます。

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

    左から庚申窯の陶工、高鶴智山・享一・裕太

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

  • 窯焚き: 庚申窯-Koshin-kiln-が手掛けたキッチンです。,

    窯焚き

Admin-Area