株式会社 安井秀夫アトリエ

株式会社 安井秀夫アトリエ

株式会社 安井秀夫アトリエ
株式会社 安井秀夫アトリエ
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

Karuizawa Museum Complex

軽井沢千住博美術館の付帯施設としてカフェとスーベニアショップ、事務所などの用途から成る。鉄骨鋼管で三角形平面を構成した多面体建築で屋根と壁とが一体となった建築である。敷地の背景となる八ヶ岳の稜線、美術館に展示されている千住博氏の作風に合わせ、日本の伝統芸術である「折り紙」をモチーフとした直線的な幾何学的デザインで伝統とモダンを融合している。国際的な評価を受ける日本画を収蔵する美術館に隣接する施設にふさわしく「新しい日本画」と出会う場所として自立したランドマークとなりつつも包み込む山々の稜線と一体感を持ち環境と共生していく。

ロケーション
Karuizawa,Tokyo
  • 外観近景3: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    外観近景3

    折り紙のように一体となった一枚の板が複雑に折れ曲がり、内部空間を孕みながら無限の形を形成していく。

  • 俯瞰全景2: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    俯瞰全景2

    山の稜線と呼応する直線と亜鉛の無垢材が周辺環境から自立したランドマークとなりながらも共生していく。

  • スーベニアショップ: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    スーベニアショップ

    内装も外観同様直線的な幾何学のデザインとなっている。

  • イートインスペース: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    イートインスペース

    照明は全て幾何学のエッジに仕込まれた間接照明とし、シャープさを強調している。

  • イートインスペース2: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    イートインスペース2

    三角形に穿たれた開口部から閃光のような光を内部に放つとともに周囲の環境を切り取る。

  • 外観夜景: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    外観夜景

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 4
    ["JP"] [Published] ファサードをデザインする際に押さえておきたいポイント
    ["JP"] [Published] アッパーライトとは?その特徴とおしゃれな取り入れ方
    ["VE"] [Published] Diseños que parecen Origami
    ["JP"] [Published] ファサードデザインを考えていく際の6つポイント

    幾何学に折れ曲がった形態は光と影により複雑さを増す。

  • エントランス: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    エントランス

    複雑に折れ曲がりながら利用者を内部へと引き込む。

  • 外観近景2: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    外観近景2

  • 折版外観: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    折版外観

    幾重にも重なる線は周辺の山々の稜線を思わせる。

  • 俯瞰全景: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた美術館・博物館です。

    俯瞰全景

    外壁・屋根はチタン合金の無垢材で再塗装の必要が無く、経年変化により亜鉛独特の濃いグレーへと変化し、より深みを増していく。

Admin-Area