ユミラ建築設計室

小笠原母島船客待合所

小笠原諸島母島の玄関口となる沖港の船の待合所です。南国の厳しい日射しから旅行者を守るためテント膜の日除と深い軒を設けました。好天時は扉を開け放して風通しの良い快適な空間となります。母島でしか産出されないロース石を壁面に使用しています。海辺の建物として塩害対策と60m/sの台風に耐えられる強度などが求められた建物です。

  • 小笠原母島船客待合所

    入港する人を迎える場所
    母島の港に船が着くとこの船舶待合所に着きます。建物は災害時に母島の拠点となる役割も求められていました。

  • 小笠原母島船客待合所

    外観
    台風時の強風や高波に耐えられる建物としてつくりました。

  • 小笠原母島船客待合所

    プラットフォーム
    くじらのモニュメントをみる日除空間。母島はホウェルウォチングの名所です。デッキテラスの前にクジラのモニュメントがあります。

  • 小笠原母島船客待合所

    プラットフォーム
    くじらのモニュメントをみる日除空間。母島はホウェルウォチングの名所です。デッキテラスの前にクジラのモニュメントがあります。

  • 小笠原母島船客待合所

    待合所
    乗船チケットを買ったり、島の観光案内をしたり、住民の集まりの場になったりする待合所です。

  • 小笠原母島船客待合所

    入港風景

Admin-Area