(株)岩倉榮利造形開発研究所

(株)岩倉榮利造形開発研究所

(株)岩倉榮利造形開発研究所
(株)岩倉榮利造形開発研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

湯どの庵

日本の温泉宿 「湯どの庵」

-「洋」の機能に「和」の情緒 -                 デザイン&プロデュース 岩倉榮利造形開発研究所                 

大正時代に建てられた日本家屋を持つ宿 「湯どの庵」。一時は閉館を考えたというこの旅館を復活させたのは若きオーナー〝阿部公和〟さんであります。 彼が私のデザインセンターOZONEでのデザイン展示会(TAKAYAMA WOOD WORKS展)の発表会を見に来たことを切っ掛に、デザイン&プロデュースの依頼をしてきたのです。

私は、今までの旅館の概念を取り払うことから始め、古いもの、新しいものの両方に同時に挑戦することを基本に 西洋的なホテルの合理的なシステムの良さと、日本的な趣のある空間と素材をミックスすることにより、コンセプトを〝 「洋」の機能に「和」の情緒 〟としました。 住宅の延長という考え方で事を進め、空間の機能は、パブリック(ロビー・ラウンジ・ダイニング)なスペースとプライバシー(客室)なスペースをキッチリとわけ、特にインテリア空間のデザインを和にこだわり、素材は、木材や、和紙、竹、漆喰など日本の伝統的なものにまとめ上げました。

プロジェクトは建築を根岸正典さんに依頼。又、彼からの推薦でコーディネートを上野朝子さん。フラワーアートをCHAJINさんに加わっていただき、ミーティングを進めました。

オーナー阿部さんは、今の商業化された旅館運営には疑問を抱いており、宿の根本的な考えとして、単なる観光産業ではなく、そこで寛ぐ〝時間〟。料理を楽しむ〝時間〟に価値を見いだし、その〝時間〟にお金を費やす時代になると考えておりました。 「何もしないけれど、楽しかったよ」と言っていただけるような旅館にしたいものであると、阿部さんが常日頃語っている思いであります。                          

私のつくりあげた空間が、その思いに叶ったとすれば、幸いであります。

ロケーション
山形
  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 竹を活かした空間
  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

  • 湯どの庵: (株)岩倉榮利造形開発研究所が手掛けたです。

    湯どの庵

Admin-Area