KEIICHI TANAKAが手掛けたCeramic Works | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
KEIICHI TANAKA
KEIICHI TANAKA

KEIICHI TANAKA

KEIICHI TANAKA
KEIICHI TANAKA
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

Ceramic Works

日常の生活で使われるものということをいつも意識して作品を制作しています。

そのものが今までもずっとそこにあったような、時間の蓄積を感じさせる佇まいを作品の表情に表現しています。

僕の作品が日々の生活を少しでも豊かな気持ちにさせることが出来たらいいなと思っています。

時が経ち風化し朽ちていくような表情を、土は焼成することにより永久的にその時を留めておくことが出来ます。

このことは僕が土という素材を扱う大きな魅力の1つです。

花器は昔の民家や農家の壁に道具や民具がかかっている、そんな風景をイメージして制作しました。

僕が作った金属質の釉薬はそういったものの雰囲気を表現するのにとても有効であると考えています。

形も昔の道具や農具等からインスピレーションを受けている部分もありますが、そういった道具等の形を直接的にそのまま連想させるようなものではなく、

そういった道具等が機能があり必然的にそうなったという、どこか形の必然性の美しさをを感じさせるようなものにしたいと思っています。

金属のような質感ですが、やきものにしか表現出来ない素材の柔らかさもにじみ出てきていて、金属のものとはまた違った魅力になっていると思います。

食器は日々の食卓で使われることを意識しています。使いやすさや料理を盛ったときの見栄え等、僕自身も料理を好んでするので、この器はどのような

シチュエーションに合うか、など考えながら制作しています。

土の柔らかさを感じさせる、どこか懐かしくあたたかい、そんな質感をもった器にしたいと思っています。

昔の陶磁器の質感のなかにある魅力も大切にしたいと考えており、白い釉薬の器は15-16世紀頃にヨーロッパで盛んだったファイアンスの柔らかく滑らかな質感を

意識しており、青い釉薬の器は古代エジプトやトルコにおいて使われていた青の質感を現代の器に表現したいと思い制作しています。

使われるものの美しさ、ものが使われることによって産まれる形に魅力を感じます。そのものの形の奥に背景が見える、そのような必然的な存在感があるような形を

模索し生み出していきたいと思っています。

While producing, I always imagine my creations would blend in our day-to-day life.Through my works, I want to express an atmosphere that makes you feel some sort of time accumulation, – objects that seem to exist from long, longtime ago.

I always hope that vases and tableware that I make would promote a little bit richer, more comfortable life of ours.

When fired, the clay can stop the moment and permanently retain an expression of time passing and dissolving – one thing that has allured me for so long in managing the material of clay.

My vases were created with an image of folk instruments hung on the walls of old houses or farm houses. I believe the metallic glaze I chose to use is very effective to express such an atmosphere.

To some extent, the shapes of my works also have been inspired by those tools and agricultural instruments, however, what I want to realize is the functional beauty of them – beauty of an inevitability the functional elements of those tools have.

The metallic texture has not only sharpness but also an oozing softness only the ceramics can produce, contributing to a different attraction from the real metal.

My tableware is supposed to be used in our daily life.As I myself love cooking, I'd calculate the best-suited situation for each of my tableware when producing, considering their usefulness and visual attraction when they are filled with foods.

With my works, I want to produce a texture preserving its natural softness of clay, provoking somewhat nostalgic, heart-warming feeling.

I also want to esteem the attraction in the textures of ancient ceramics. In the white glazed containers, I tried to reflect a soft and smooth texture of Faience, widely popular pottery in the 15-16th centuries Europe.

And with the blue glazed containers, I wanted to regenerate the blue surface of the pottery used in ancient Egypt and Turkey.

I have been strongly fascinated with the beauty of functioning objects, and shapes produced by the objects when they are used.

I always want to make an artwork whose form would offer a glimpse of its background, suggesting a presence based on its inevitability.

  • Cup: KEIICHI TANAKAが手掛けたダイニングルームです。,

    Cup

  • Tableware: KEIICHI TANAKAが手掛けたダイニングルームです。,

    Tableware

  • Plate: KEIICHI TANAKAが手掛けたダイニングルームです。,

    Plate

  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["MY"] [Published] 6 vases you need right now!
  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

  • Vase: KEIICHI TANAKAが手掛けたリビングルームです。,

    Vase

Admin-Area