株式会社冬樹庭園が手掛けた世界初 歌庭コラボ(田畑冬樹&岡本麻里菜)続編 | homify
株式会社冬樹庭園

株式会社冬樹庭園

株式会社冬樹庭園
株式会社冬樹庭園
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

世界初 歌庭コラボ(田畑冬樹&岡本麻里菜)続編

前回掲載したところ、大変な反響をいただきました 歌庭ユニット改め 歌庭コラボ(仮称)。

好評につき第二弾として、最近の活動を紹介します。

歌庭コラボは庭園を、芸術やアートとして多くの人に親しんで貰う目的で誕生した、世界で初めての庭園家と声楽家による本格ユニットです。

歌唱のストーリーに合わせて、その情景となる庭が完成して行くという、まったく新しい芸術への挑戦であり、すでに各方面から注目が集まるなか、今後の展開が大いに期待されています。

ロケーション
東京
  • 庭園家・田畑冬樹 アメリカフロリダ・ディズニーワールドの日本庭園: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    庭園家・田畑冬樹 アメリカフロリダ・ディズニーワールドの日本庭園

    そもそも一口に庭園といっても、いろいろあって、見る人を楽しませることを目的としたショーガーデンというのもあります。

    冬樹社長の名を一躍有名にしたのが、アメリカフロリダのウォルトディズニーワールドに作った日本庭園。

    この画像は、日本テレビのドキュメンタリー番組で放映されたものです。

    これこそ、まさしくアクティビティの高い本格庭園の代表作といえるでしょう。

  • ソプラノ歌手・岡本麻里菜 東京タワーコンサートでの歌庭コラボライブ: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    ソプラノ歌手・岡本麻里菜 東京タワーコンサートでの歌庭コラボライブ

    2015年10月31日のハロウィンの夜、東京タワー展望台で行われた岡本麻里菜コンサート。

    テレビ公開生放送で、歌庭コラボのパフォーマンスショーを東京タワーから世界に向けて発信しました。

    まずは、すっかりお馴染みになった口上話芸バトル。口八丁手八丁の庭園家に、口が身上の声楽家の「喋ってナンボ」のステージ。

    爆笑トークの中でも、ちゃんと庭園とクラシックの深い造詣について、面白可笑しく説明しているのです。

  • 歌庭コラボIN東京タワー 柳と蛙①: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    歌庭コラボIN東京タワー 柳と蛙①

    ハロウィンナイト、東京タワーで不思議な世界の扉が開きます。

    岡本麻里菜作曲「柳と蛙」ハロウィンバージョン。

    時は平安時代。ご存じスランプ書道家の小野道風(おののとうふう)は、柳の枝に飛びつきたい怪しい蛙に出会います。

    蛙のことを我が身に合わせて、少し小馬鹿にしながらも応援しています。

    ところが・・・

  • 歌庭コラボIN東京タワー 柳と蛙②: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    歌庭コラボIN東京タワー 柳と蛙②

    ストーリーは意外な展開に・・・

    急に蛙のことが憎たらしくなったのでしょうか?

    もう少しで柳の枝に飛びつけそうな蛙を見て、嫉妬、焦り、葛藤・・・

    いや、じつは道風は気づいているのです。生半可な努力しかしていない自分自身に対する苛立ちであることに。

    ここから歌のもつ波動にあわせて、一気に庭が出来上がっていきます。まさに芸術的アトモスフィアの瞬間、ショーガーデンの真骨頂です。

  • 歌庭コラボIN東京タワー 柳と蛙③: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    歌庭コラボIN東京タワー 柳と蛙③

    こうして蛙は柳に飛びつき、道風もまた悟りを見つけるのでした。

    そんな境地に至る心象風景を、歌とともにこの庭で表現しています。

    求道者が垣間見ることができた悟りの世界、平安絵巻のようなニュアンスの色づかい。蛙に見立てた姿石の微妙な角度でみせる、どこか悲しそうでユーモラスな表情が見事ですね。

    この庭が一瞬の気勢とともに出来上がる様は、ただただ驚くばかりです。

  • 宮廷音楽家と宮廷庭師: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    宮廷音楽家と宮廷庭師

    世界初の歌庭コラボ、ショーガーデンだけではなく、実際の庭園と声楽のコラボレーションにも挑戦しました。

    名付けて「シークレットサロンコンサートIN田園調布」。お客様に庭園の手入れとクラシックの演奏を同時に楽しんでいただき、優雅な時間を過ごしていただこうというものです。

    田園調布の邸宅に住まわれる御施主様(写真左)は、クラシック音楽の愛好家であり、愛庭家であり、何よりもセンスに富んだ美しい生活「ビューティフルライフ」の追求者なのです。

  • フランス式整形庭園: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    フランス式整形庭園

    邸宅のお庭は、ロココ調のオブジェとコニファーを中心に展開する宮殿の庭のような整形式ガーデン。白い小舗石の園路と生垣で軸線(ビスタ)を設定したフランス式庭園になっています。

    およそ二年前から冬樹庭園が庭を創っていますが、この時期でも四季咲きのバラが綺麗に咲き残っているのは、毎日三時間は庭の管理をされているという御施主様の寵愛が賜物。立派なロザリアン(バラに魅せられし者)なのです。

  • 国際バラとガーデニングショウ受賞作品 歌庭コラボのルーツ?: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    国際バラとガーデニングショウ受賞作品 歌庭コラボのルーツ?

    さて、フランス式庭園というと広大な平面幾何学式庭園を思い浮かべがちですが、こちらは国内最大の祭典・国際バラとガーデニングショウの受賞作品。冬樹庭園のフレンチガーデン「モン・トレゾール」

    ~絵本の中から飛び出したような やさしい光と音楽に包まれて 猫と戯れる

    ガセボの下のデコラティブされた空間は 私だけのオペラ・バスティーユ

    そんなゆっくり流れる時間が モン・トレゾール(私の宝物)~

    じつはこの時、会場である西武ドームの特設ステージでは、ソプラノ歌手・岡本麻里菜の出演するコンサートが行われていました。

    これが「歌庭コラボ」のルーツだったのでしょうか。ユニットを組むのは、ずっと後の話なのです。

  • 歌庭コラボIN田園調布コンサート: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    歌庭コラボIN田園調布コンサート

    Coro laccio (カロ・ラッチョ) いとしい絆よ

    作曲 フランチェスコ・ガスパリーニ

    calo laccio, dolce nodo,

    che legasti il mio pensier ~

    ソプラノの響きに、庭師達の鋏も同調するかのよう。ルネッサンス時代に盛んだった宮廷音楽家、宮廷庭師に思いを巡らせます。

    庭を綺麗に手入れしながら、同時にクラシックの演奏を愉しむ。なんとも優雅で上質なひとときでしょう。

    まさに、モン・トレゾール。

  • 新たなる可能性を求めて挑戦は続く: 株式会社冬樹庭園が手掛けた庭です。

    新たなる可能性を求めて挑戦は続く

    本物の贅沢とは、けして物質的な満足だけではなくて、こういう優美な心の日常をいうのでしょう。

    歌と庭。現代人が忘れがちな人間らしい自然で豊かな、「暮らし」を呼び起こしてくれるようです。

    これこそが芸術のルネッサンス(再生)ですね。

    さまざまな可能性を求めて、さらに新しいものへの「歌庭コラボ」の挑戦は続きます。

Admin-Area