渡邉意匠が手掛けた祝谷の家 | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
渡邉意匠
渡邉意匠

渡邉意匠

渡邉意匠
渡邉意匠
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

祝谷の家

祝谷の家は、地方都市松山市の中心部から3km圏内に位置しながらも、西に御幸山、東に道後平をいただく閑静な住宅地の中で、自然豊かな恵まれた環境にあります。

南側に緩やかに下りる坂道と、西側に少し角度の付いた道路に囲まれた台形型の角地の敷地内には1m以上の高低差を持つ、高さ制限には不利な立地であり、計画に少し工夫を要する敷地ではあったものの、スキップフロアで繋いだ空間にリズムが生まれ、逆に高低差を活かした提案が出来ました。

規模
125 ㎡ (面積)
ロケーション
愛媛県松山市
  • エレベーションプラン: 渡邉意匠が手掛けた現代のです。,モダン

    エレベーションプラン

    敷地内の段差を、車庫スペース~玄関~LDK~プライベートルームへと、スキップフロアで繋ぎ、楽しい導線イメージをスケッチにて提案したスケッチ。

    南側に接する坂道からの道路斜線規制が厳しく、軒高さを抑えるために軒桁をスライドさせる事で、部屋の一部を勾配天井にして視覚的にも面白味のある空間が提案出来ました。

  • 外観 モダンな 家 の 渡邉意匠 モダン 木 木目調

    外観

    南側に緩やかに下りる坂道と、西側に少し角度の付いた道路に囲まれた台形型の角地の敷地内には1m以上の高低差を持つ事から、低い敷地部分にRC造の車庫スペースを配置し、擁壁と一体化させた基礎の上に、丁字型の木造建物を載せる構造としました。

    グレー色の杉板張りは、メンテナンスの事を含め施主と十分検討して採用しましたが、白い壁と対比した外観イメージは、想像以上にモダンに仕上がり、施主にも大変満足してもらえました。

    無地のサイディング部分への吹き付け材は『ジュラクペンアート』を採用し、無機質な素材にも柔らかさを感じれる仕上がりとなりました。

  • ゾーニングプラン: 渡邉意匠が手掛けた現代のです。,モダン

    ゾーニングプラン

    第1回目の提案のゾーニングプランで、プライベートスペースとLDK等のスペースの関係性が決まってしまったので、その後の計画作業をスピーディに進める事が出来ました。

  • キッチンとダイニングの繋がり モダンデザインの ダイニング の 渡邉意匠 モダン 木 木目調

    キッチンとダイニングの繋がり

    キッチンとダイニングの関係は、キッチンに立つ人が孤立しないように曖昧なオープンとしました。

    2人の娘さんと奥様の3人で立つ事を想定した広めのキッチンは、親しい友人等の来客時には、多くの人が一緒に作業出来るので、使い勝手が良いと好評との事です。

    夫婦の思い出深いダイニングセットは、新しいインテリアに違和感無く馴染んでいます。

    ニッチを配置した丸い間仕切り壁は、視覚的な圧迫感を抑えながら空間を仕切れていると思います。

  • アプローチ モダンな 家 の 渡邉意匠 モダン 木 木目調

    アプローチ

    帰宅時の車庫スペースからのストーリをイメージしながら、ウッドデッキと同材の木製階段を設けました。

  • 玄関からのスキップフロア導線イメージスケッチ: 渡邉意匠が手掛けた現代のです。,モダン

    玄関からのスキップフロア導線イメージスケッチ

    青焼き展開図面にスケッチを書き込み、主にスキップフロアのイメージと、手摺壁をR面にする事での視覚的なイメージを伝えました。

  • 大黒柱とスキップフロア階段 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の 渡邉意匠 モダン 木 木目調

    大黒柱とスキップフロア階段

    化粧柱は大黒柱的な存在感をもった欅の古材をあえて選択しました。同時期に古民家の解体作業にて手に入れたモノです。

    R面手摺壁は、『シルタッチ』鏝ぬり放しで仕上げました。

  • 風除室 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の 渡邉意匠 モダン 木 木目調

    風除室

    玄関から風除室を介してスキップフロア階段をのぞみます。

    片引き格子戸の両サイドをFIXの透明ガラスとし、風除室閉鎖時にも空間の繋がりを意識しました。

  • 家の中心部分 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の 渡邉意匠 モダン 木 木目調

    家の中心部分

    家の中心部分のスキップフロアからLDKを見下ろしたところで高低差ならではの視覚の繋がりが感じられます。

    各スペースの導線の交差点に位置し、視覚的な曖昧なつながりを意識しています。

    上部は階段室の吹き抜けになり、冬期の空調効率を懸念していましたが、意外にも間仕切りカーテン1枚吊るす事で、ファンヒーター1台でも効力を発揮出来ているとの事です。

  • 水回り導線イメージスケッチ: 渡邉意匠が手掛けた現代のです。,モダン

    水回り導線イメージスケッチ

    青焼き展開図にスケッチを書き込み、浴室と脱衣室と洗濯スペース(ユーティリティー)の導線イメージを伝えました。

Admin-Area