遠藤知世吉・建築設計工房が手掛けた輝けるコート  The court which can shine  | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:2982:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3
遠藤知世吉・建築設計工房
遠藤知世吉・建築設計工房
遠藤知世吉・建築設計工房
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

輝けるコート  The court which can shine 

家は家族の城、象徴であるべきと思う。また、人は家の中では自由であるべきとも思う。しかし現代都市において、この実現はなかなか厄介である。
 本プロジェクトは自由な自分達の空間実現のために、コートハウス型の平面計画とした。さらにコート内にアプローチ、ガレージから、直接入れる動線を結び、街と家族とをつなぐ明るい空間の実現を図った。  友が、人が、家族が集う、輝けるコートハウスを目指すこととなる。

I consider the house to be the castle of the family, a symbol. In addition, I think that a person should be free in the house. However, in a modern city, this realization is difficult. This project outlines a ground plan of the house with an inner courtyard to allow one the feeling of openness and being more free. Furthermore, I created a line of sight from the entrance gate and the garage to the inner courtyard. This design creates a feeling of isolation and privacy, as well as easy accessibility. Friends and family can look forward gathering in the courtyard.

ロケーション
福島市
  • 中庭 和風デザインの テラス の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    中庭

  • ファサード 日本家屋・アジアの家 の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    ファサード

  • アプローチから中庭を見る 和風の 玄関&廊下&階段 の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    アプローチから中庭を見る

  • ポーチ 和風の 玄関&廊下&階段 の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    ポーチ

  • ホール 和風の 玄関&廊下&階段 の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    ホール

  • 中庭デッキ 和風デザインの テラス の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    中庭デッキ

  • 居間と中庭 和風デザインの ダイニング の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    居間と中庭

  • 居間の窓 和風デザインの リビング の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    居間の窓

  • 輝けるコート The court which can shine 和風デザインの 多目的室 の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    輝けるコート  The court which can shine 

    和室

  • 居間と中庭 和風デザインの テラス の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    居間と中庭

  • 輝けるコート The court which can shine の 遠藤知世吉・建築設計工房 和風

    輝けるコート  The court which can shine 

    オープンバス

Admin-Area