河浩介建築設計室.が手掛けたKhouse-1 | homify
河浩介建築設計室.

河浩介建築設計室.

河浩介建築設計室.
河浩介建築設計室.
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

Khouse-1

15坪の土地に建つ 2階建て、法定面積15坪の家です。デッキや屋根裏があって施工面積は21坪ほどでしょうか。家が出来るまでには色々な経緯があります.成り行きの結果は私の思惑とは違ったものになる事も多いのです。落胆する事もあります。この家にも色々な経緯があって、逆に私の思惑を超えるものになりました。小さいけれどとても具合の良い家です。冬には陽射しを夏には風を一杯に取り込めます。混み合った家並みの中で開口を目一杯明けて暮らせます。

規模
10.9 × 7.35 × 3.6 m / 49.3 ㎡ (全長, 高さ, 幅 / 面積)
ロケーション
世田谷区
総工費
¥130,000,000,000
  • 居間: 河浩介建築設計室.が手掛けたテラス・ベランダです。

    居間

    居間からデッキを見ています。繋がっているデッキのせいで部屋が広く見えます。冬は陽射しを、夏は風を一杯に取り込めます。

  • 居間と階段: 河浩介建築設計室.が手掛けた廊下 & 玄関です。

    居間と階段

    1階からの階段にロフトへの階段が重なっています。

  • 階段: 河浩介建築設計室.が手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段

    角パイプとFRPグレーチングの階段ですから、下に光が落ちます。

  • ロフト: 河浩介建築設計室.が手掛けたガレージです。

    ロフト

    来客時の寝室と収納を考えました。

  • 食卓と厨房: 河浩介建築設計室.が手掛けたダイニングです。

    食卓と厨房

    狭い家に椅子を持ち込まず、床座でとのご要望がありました。針葉樹の床は柔らかで傷もつきますが、素足にも優しく冬も暖かです。床材と共材でテーブルを作りました。

  • ファサード: 河浩介建築設計室.が手掛けた家です。

    ファサード

    素通しのガラスではないので、光を取り入れますが、視線を遮ります。

  • デッキ: 河浩介建築設計室.が手掛けた家です。

    デッキ

    外の目隠しから、本体の壁にロープを張ると、テントが掛けられます。デッキと居間が日陰になります。

  • 模型: 河浩介建築設計室.が手掛けた家です。

    模型

    ブリキのお菓子箱の様に塗り分ける事も考えましたが、隣接する建物で見える事も無いので諦めました。

Admin-Area