桐山和広建築設計事務所が手掛けた下小鳥の家 | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
桐山和広建築設計事務所
桐山和広建築設計事務所

桐山和広建築設計事務所

桐山和広建築設計事務所
桐山和広建築設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

下小鳥の家

大中小三つのコンクリートの箱を、南側に小さい箱が来るように南北に並列し、その箱のずれた隙間をL字型の窓とした家。

敷地の半分を畑用地として残し、畑への陽当たりと、室内各所への陽射しを確保するために生み出されたかたちで、東側道路の騒音や、西側隣家の視線に対しては閉ざすように建ちつつも、室内には光と風が各所にもたらされ、外観の閉じた印象とは対照的に、内部は開放的なきもちの良い空間となっています。

大きい箱は、螺旋階段のある吹き抜けと、二層の個室ゾーンになっています。真ん中の箱は、天井の高い気積の大きな居間で、元気な子供たちが素振りをしたり、キャッチボールをしたり元気に過ごせます。小さい箱は、一番南側にバスコートがあり、良く陽のあたる浴室となっています。

コンクリートの箱の外側は断熱材で覆われ、快適な内部環境が保たれています。さらにその外皮は赤松の羽目板で仕上げられ、経年変化が楽しめる木質の特徴的な外観となっています。箱の内側は、ラワンの木目があらわれたコンクリート打放し仕上げで、箱のプリミティブな空間と呼応した素朴なインテリアとなっています。

photo中川敦玲

ロケーション
Takasaki

Admin-Area