株式会社kotoriが手掛けた牛川町の家2014 | homify
株式会社kotori

株式会社kotori

株式会社kotori
株式会社kotori
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

牛川町の家2014

耐震構法SE構法|耐震等級3|長期優良住宅|地域型住宅ブランド化事業

区画整理によって変わりゆく周辺の環境のなかで、おおらかに、時を経て味わいを深めていく住宅です。建物の正面となる南側は、将来的に庭と駐車スペースとなる部分を残して道路から空きをとり、ゆったりとしたアプローチを構えられるように建物を配置しています。平屋部分の南面は、両端に設けた収納を除いて全て開口に。SE構法ならではの開放的な空間を作り出しています。製作の格子戸を引いて玄関に入ると、正面にはアオダモとモミジの見える大きな窓があります。左手、手前のガラス戸を引けば土間を通って、奥のガラス戸を引けば直接リビングへとアプローチできます。勾配天井、あらわしにした登り梁、土間の中央に据えられた薪ストーブ、南の全面開口がリビングの大空間を特徴づけています。開放的な、リビング・土間・ウッドデッキという構成が、奥へ行けば、落ち着いた、和室・縁側・濡縁という和の構成となり、その両者の間の4枚の襖を引き込めば、一体の空間として使うことができます。水回りは北側に集約され、キッチンを中心とした回遊できる家事動線が形成されています。床には全面、肌触りのいい杉の無垢材を用いています。杉は柔らかいため傷がつきやすいですが、その一つ一つが味となっていきます。外観も、平葺きの黒い屋根と鏝押えの白い壁を、大きく張り出した軒、軒裏の杉、格子という和のデザインコードを用い、落ち着きのある姿にまとめました。

Admin-Area