アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room
アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

松本の家 (Casa MATSUMOTO)

団地開発以来35年間空き地になっていた北斜面の三角地。70坪。南側隣地に3mの擁壁があり、その上に2階建ての隣家がそびえ建つ。秋以降は全く陽の当たらない暗い土地に見えた。つまり、悪条件がそろい手が付けられずに余っていた土地だ。そこに遠隔地から越してくる新参者が住むための、明るくて風通しの良い、3人の子供たちがのびのびと成長できるような家がほしい。その解決策は・・・。

35年間空き地になっていた土地は、この地域の住民にとってどういう意味をなしていたのか・・・。クライアントは、遠隔地から越してくる新参者。早く、違和感なくこの土地の人間になれるためのエントランス(地域に開いたイメージの入口)を造りたい。 高い塀で囲わず、防腐剤のみを施した105角の柱材で囲いを・・・。庭もたくさんの緑を地域側(道路側)に開放する。坂道である事を利用して、目の高さにクローバーやチューリップなどを植える。

これまで雑草だらけの空き地であったが、この周辺の人達にとっては歩きながら感じる憩いの緑の空間だったはず。開けた緑の空間に家が建って残念・・・とはなってほしくない。これまでのその土地の役目をきちんと継承しながら、ここに家が建ってよかったね・・・と言われる住処にしたい。

地域の中に住むこと・・・。これがこの建物の最も重要な課題であった。

ロケーション
三重県四日市市
  • 2階リビングに大きなウッドデッキ: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けた家です。

    2階リビングに大きなウッドデッキ

    2階にリビングを作るのは、部屋を少しでも明るくするため・・・だけではありません。少しでも空が近くなるからです。寝転んで流星群を見るためのリビングにつづくウッドデッキ。毎日セントレアに飛ぶ飛行機を見るにも役に立っています。

  • 少しだけモダンな山小屋のようなリビング: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたリビングです。

    少しだけモダンな山小屋のようなリビング

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] 自然を感じるログハウス風住宅
    ["JP"] エアコン

    片流れ屋根の勾配に合わせ、しっかりした母屋を見せました。壁はキッチン周り以外は、構造用合板に自然塗料塗りに。風が良く抜ける、肩の凝らない広々リビングです。 リビングを2階に上げれば、必然的に隣家等からの影響を受けにくくなり、明るさが増します。またワンルーム風にし、四方に風の通る窓をつくりました。風と光を読みとったいくつもの工夫により、夏にもほとんどエアコンを使わないリビングです・・・。

  • 煉瓦色の塗り壁。外の世界と柔らかく繋ぐ105角の木柵。: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けた家です。

    煉瓦色の塗り壁。外の世界と柔らかく繋ぐ105角の木柵。

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 外壁を塗るのに知っておくべきステップは何ですか?

    煉瓦色のような、鉄のさび止め色のような外装材は、建物に躍動感も与えるが、青い空に調和し土地に根付いた安定感も作りだします。

  • 105角の柱材を利用した、外の世界を柔らかく繋ぐ木柵。: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けた家です。

    105角の柱材を利用した、外の世界を柔らかく繋ぐ木柵。

    105角の柱材を利用した、外の世界を柔らかく繋ぐ木柵◆ 105角のヒノキの柱材を使った木柵は、奥行きがあることにより、中からは外の様子がわかり、外を動く人にとっては中の人影を感じるけれども中は良く見えないという面白い格子になります。

    プライバシーを保ちながら、外と中を柔らかく繋ぐという事です。

  • ローコストにするなら、照明の重心を下げる。: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたリビングです。

    ローコストにするなら、照明の重心を下げる。

    天井を張らないローコスト住宅。山小屋風の梁のむき出しも、それを目立たせてはダメ。照明の重心を下げて、落ち着きのある部屋にしています。

  • たっぷり歩かせるアプローチ: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けた庭です。

    たっぷり歩かせるアプローチ

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 大人の目線で楽しめる家10選

    良い家は、玄関までのアプローチをたくさん歩きます。それは、この家を訪れる客人が、敷地に入ってから玄関にたどり着くまでに身なりを直し、訪ねる側の人間が持つためらいや気取り、構えを整理するための時間を与えるためです。

    品のある家とは、来訪者の心・立場に立った設えも必要です。

  • ぐるぐる回れるということ: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたベランダです。

    ぐるぐる回れるということ

    リビングの大開口から2階のデッキに出て、バスコートを経て、そのまま2階にある浴室に入ることができます。浴室は当然洗面脱衣室につながり、そしてリビングにつながっています。 また2階にあるデッキから、小さなパティオにある白い螺旋階段で1階に下りことが出来ます。ということは、ドロドロで帰ってきた子供たちは、螺旋階段を上って、バスコートで服を脱ぎ、そのまま浴室へ・・・。行き止まりがないと、小さな家が何倍も広いような、楽しい動線になのです。

    ぐるぐるは、とても大切・・・。

  • 段差は、家を豊かにする。大階段のあるリビング。: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたリビングです。

    段差は、家を豊かにする。大階段のあるリビング。

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] ステップダウンフロアとは?そのメリット・デメリットまとめ

    住む人の条件が許すならですが、段差は、空間を柔らかく区切ることができます。各々の場所の役割を強調します。 そして段差は座りたくなります。居心地の良い【居場所】を作るのです。 

    もちろん、そこに住む人にとっての障害になってはいけません。

  • 玄関は、その家の顔・・・。ちょっと楽しい顔があっても良い!: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けた廊下 & 玄関です。

    玄関は、その家の顔・・・。ちょっと楽しい顔があっても良い!

    玄関は2帖か3帖で、靴を脱いで上にあがる・・・。もし、玄関が大きな部屋になってて、靴を脱がずに1段下に下がったら?訪問するお客様が、楽しくなる。そんな玄関があっても良いと思う。

  • パティオ・・・中庭: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けた庭です。

    パティオ・・・中庭

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 新鮮な空気を感じる部屋をつくるには?

    中庭は、昼間の空も切り取ります。中庭を通じて空気が流れ景色が流れる、プライベート空間です。

Admin-Area