川崎建築設計室

川崎建築設計室

川崎建築設計室
川崎建築設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

続・旧郵便局の家

郵便局として使われていた建物を8年前に(主に1階を)住宅としてリフォーム。そして今回、2階を主に再リフォーム。4人兄弟と両親の6人の家族で、そろそろ子供部屋が欲しくなてきました。みんなで家族会議、子供達からは隣の気配が感じられるような個室が欲しいと言うことでした。

  • 続・旧郵便局の家-1(両親の寝室 兼 ライブラリー): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-1(両親の寝室 兼 ライブラリー)

    蚕部屋として使われていた屋根裏空間を「両親の寝室」兼「ライブラリー」にリフォーム。潜るには低すぎる、跨ぐには高すぎる、微妙な高さにある梁を利用した空間。

  • 続・旧郵便局の家-2(両親の寝室 兼 ライブラリー): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-2(両親の寝室 兼 ライブラリー)

    ステージのような踊り場の下は、棺おけサイズの収納がある。

  • 続・旧郵便局の家-3(両親の寝室 兼 ライブラリー): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-3(両親の寝室 兼 ライブラリー)

    寝室スペース、ここに布団を敷いて寝る時に見える景色。微妙な高さにある梁がある。

    床は杉板の上に自然塗料塗り。

  • 続・旧郵便局の家-4(両親の寝室 兼 ライブラリーのbefore): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-4(両親の寝室 兼 ライブラリーのbefore)

    beforeの写真 蚕部屋として使われていた屋根裏空間

  • 続・旧郵便局の家-5(子供部屋の前の廊下): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-5(子供部屋の前の廊下)

    隣の気配がなんとなく感じられる部屋がいいということになり、壁で仕切られてはいるものの、上部は素通しで、隣の気配がなんとなく感じられる部屋が並ぶ。

    引き戸を全開すると、隣の部屋と廊下と一体に。

  • 続・旧郵便局の家-6(子供部屋): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-6(子供部屋)

    今まで子供部屋という個室をあえて無くし、勉強はリビングのカウンターを共用していました。子供たちが思春期に差しかかったこの時に4人の子供たちは今まで家族6人で寝ていた21帖の和室をそれぞれの個室にリフォームすることに。家族会議では、子供たちからいろんな意見が出されましたが、隣の気配がなんとなく感じられる部屋がいいということになり、壁で仕切られてはいるものの、上部は素通しで、ホームドラマのセットのよう。

  • 続・旧郵便局の家-7(子供部屋): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-7(子供部屋)

    リフォーム前の21帖の和室の天井裏を覗いたら、素敵な小屋組みが!

    建主の「多少暑くても寒くてもいいから小屋組みを見せましょう。」という一言で、素敵な空間ができました。

  • 続・旧郵便局の家-8(子供部屋): 川崎建築設計室が手掛けたです。

    続・旧郵便局の家-8(子供部屋)

Admin-Area